autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ スクラムトラック、使いやすさと燃費性能を改善

自動車ニュース 2015/8/27 17:15

マツダ スクラムトラック、使いやすさと燃費性能を改善

トラックとしての使いやすさを向上

マツダ スクラムトラック「KCエアコン・パワステ」
マツダ スクラムトラック「KX」

マツダは、「スクラムトラック」を一部改良し、8月27日より発売する。

今回の一部改良では、フックの追加による作業性の向上や防錆性能の向上などに加え、快適性の向上も図った。

さらに制御変更により燃費が改善し、MT車は軽自動車トラッククラストップの19.8km/L(2WD車)を達成するなど、トラックとしての使いやすさと燃費性能の改善を行った。

「マツダ スクラムトラック」一部改良の概要

作業性の向上

リアゲート中央にロープフックを、左右には1か所ずつ平シート用フックを新採用。荷物保護用のシート掛けを容易にするとともに、より安定的な荷物の固定が可能に。

メンテナンス性の向上

・ルーフパネルにも防錆鋼板を採用。ボディ表面の全てを防錆鋼板に。

・バッテリーカバーの取付クリップの形状変更により、脱着性が向上。

快適性の向上

・全車運転席と助手席ともにシートクッションを大型化。乗り心地を向上。

・全車にエアコンを標準化。快適な室内環境を提供。

燃費の改善

・2WDで最大19.8km/L、4WDで最大19.6km/Lの軽自動車トラッククラストップの燃費性能を実現。

・全車種で「平成27年度燃費基準」達成。一部車種は「平成27年度燃費基準+5%」を達成。

マツダ スクラムトラック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ スクラムトラック の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24