autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース シトロエン新型「C4」新エンジンで燃費改善、16.3km/Lを達成

自動車ニュース 2015/8/25 16:41

シトロエン新型「C4」新エンジンで燃費改善、16.3km/Lを達成

シトロエン 新型 C4

9月11日に発売開始されるシトロエン新型「C4」は『PureTech1.2リッターターボエンジン』と『EAT6(エフィシェント・オートマチック・トランスミッション)』との組み合わせに加え、ストップ&スタート(アイドリングストップ)機能の搭載、約30kgの車重軽減などにより燃料消費量(JC08モード)は16.3km/Lを達成。従来モデルの13.5km/Lに比べ20%以上の燃費改善を果たした。

シトロエン 新型 C4

新型C4には、コンパクトハッチバック「C3」に導入された『3気筒1.2リッターエンジン』をベースに、最新の直噴システムとターボチャージャーを加え、高い動力性能と環境性能を備えたパワーユニットを採用した。1気筒あたり5つの噴射口を持つインジェクターからは200barの高圧燃料がスパークプラグに近い位置に噴射され、高効率の燃焼を実現している。最新のターボチャージャーにより最高出力130ps、最大トルク230Nmを生み出し、そのパフォーマンスは最高出力は60%、最大トルクは95%(自然吸気エンジン比)という大幅な向上を成し遂げている。

このPureTech1.2リッターターボエンジンは、2015年6月『インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2015』を1.0~1.4リッター部門において受賞している。PureTechエンジンの低燃費およびCO2排出量削減などのパフォーマンスが高く評価され、世界34ヶ国80名のモータージャーナリストの投票によりその栄誉に輝いた。

※画像をクリックするとより多くの写真が見られるフォトギャラリーへ移動します

「C4ピカソ」と同じトランスミッション『EAT6』を採用

また、トランスミッションには「C4ピカソ」に採用され国内でも高い評価を得ている『EAT6』を搭載。ギヤレシオをハイギヤード化することで同一速度域でのエンジン回転を下げ、新開発のクラッチによってロックアップ領域を拡大、トルクコンバーターのスリップロスを低減させている。

また、ミッション全体のフリクションロスもさらに低減し、低速域でのニュートラルコントロールを最適化するなど効率を突き詰めることによって、スムースで省燃費、静粛性を高めた。より素早く、ダイレクトなシフトフィーリングを実現した次世代型トランスミッションである。

シトロエン C4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シトロエン C4 の関連記事

シトロエン C4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン C4 の関連記事をもっと見る

シトロエン C4 の関連ニュース

シトロエン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • シトロエン
    C3

    新車価格

    216万円239万円

  • シトロエン
    DS3

    新車価格

    259万円399万円

  • シトロエン

    新車価格

    355万円380万円