autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 新明和工業、「スライドデッキ」の新モデル発売

自動車ニュース 2015/8/21 17:28

新明和工業、「スライドデッキ」の新モデル発売

低床化・軽量化により積載可能容積・重量ともに増加

「スライドデッキ」新モデル
スライドデッキの仕組み

新明和工業は8月24日(月)より、「スライドデッキ」の新モデルを発売する。販売価格(除くシャシ代金)は標準仕様で6,313千円(消費税込)で、2016年度の販売目標は120台。

「スライドデッキ」は、床面に敷き詰めたレールユニットを後方にスライドさせることにより、木材チップ、肥料、穀類などの積荷を、ボディーをダンプさせることなく排出できることが特長。これにより、不整地や屋内などのダンプが制限される場所での積荷の排出もより安全に行うことができる。

新モデルでは、ボディーの低床化により従来に比べて荷台容積を約2.2立方メートル増やしたほか、標準仕様で約190kgの軽量化を図り積載重量の増加も実現した。

また、荷台に残った積荷を容易に掃き出すことができるフラットレールや、排出時間を従来に比べて約2分短縮できる大容量ポンプを、新たにオプションとして設定し、多様なニーズに対応している。

「スライドデッキ」は、近年普及が進むバイオマス発電の燃料用チップの運搬などに適していることから、更に機能を高めた新モデルの投入により拡販を進め、市場での存在感を高めていく。

特長

(1)ボディーの低床化により荷台容積をアップ

構造の見直しにより「100mm」の低床化を実現。これまでと同じ全高で容積を「約2.2立方メートル」増加(※1)。

(2)軽量化により積載重量をアップ

従来に比べ最大「約190kg」の軽量化を実現。積載重量を最大「200kg」増量(※2)して架装車両の登録が可能。

(3)フラットレールにより、床面清掃が容易に

オプション設定のフラットレールでは、荷台に残った積荷を容易に掃き出すことができ、作業時間の短縮に貢献。

(4)大容量ポンプで排出スピードを向上

駆動に必要な油圧ポンプに大容量ポンプをオプション設定。排出時間は、標準ポンプで約7分のものが、大容量ポンプにより約5分まで短縮(※3)。

※1 荷台内法寸法:長さ9,500mm×幅2,300mmの場合。

※2 シャシの仕様により「200kg」の増量ができない場合があり。

※3 排出時間は、積荷の種類、性状、積込状態によって変動。

主要諸元
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!