autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 『スーパーGT 第5戦』猛暑・酷暑の1000kmレースで「GT-R」の4連勝なるか

自動車ニュース 2015/8/19 16:31

『スーパーGT 第5戦』猛暑・酷暑の1000kmレースで「GT-R」の4連勝なるか

関連: 日産 GT-R

日産・プレビュー

8月29日・30日の両日、三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットにおいて『スーパーGT第5戦』が開催される。夏休み最後の週末に行われるこの大会は、猛暑・酷暑に加えて、レース距離もシリーズでも屈指の1000kmとなり、最もタフなレースとして知られている。シーズンも中盤戦となり、そろそろタイトル争いも気になるところだが、この鈴鹿1000kmではランキング上位にボーナスポイントが与えられることになっており、シリーズの行方を占う上でも見逃せない1戦となっている。

第2戦の富士で#1 MOTUL AUTECH GT-R(ミシュラン)の松田次生/ロニー・クインタレッリ組と#12 カルソニック IMPUL GT-R(ブリヂストン)の安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組が1-2フィニッシュ。第3戦、タイのチャーン・インターナショナルでは#46 S Road MOLA GT-R(ミシュラン)の本山哲/柳田真孝組が事実上のポールトゥウィン。

さらに前回の第4戦、富士では#24 D’station ADVAN GT-R(ヨコハマタイヤ)の佐々木大樹/ミハエル・クルム組が見事な追い上げで逆転優勝、とGT-R勢が3連勝を飾り、シリーズランキングでもGT-R勢が1-2の好位置につけている。

しかしその分ウェイトハンディも増え、シリーズランキングトップの#12 GT-Rが76kg分、2位の#1 GT-Rは68kg分のウェイトハンディ(それぞれ50kg分は燃料リストリクターで制限)を課せられ、#46 GT-Rも48kg、前回優勝した#24 GT-Rは40kgのウェイトハンディを搭載している。

それでも昨年の鈴鹿1000kmで、84kg分のウェイトを搭載していた#23 GT-R(現在の#1)が、ウェイトが44kgだったライバルを相手に最後の最後までトップ争いを演じたことを考えれば、今回もまた優勝の期待が高まります。

ライバル勢の反撃も予想される。エンジンの使用規定からほとんどのチームで、前回から新バージョンのエンジンが投入され、今回も、さらに戦いがヒートアップするのは必至だ。ホームコースの富士でGT-Rに優勝をさらわれたレクサス勢も、鈴鹿をホームコースとするホンダ勢も、真夏の1000kmに期するところは大きいはずで、公式予選から目の離せない戦いが繰り広げられることだろう。

GT300クラスでもGT-Rに期待が高まる!

GT300クラスでも、Nissan GT-R NISMO GT3の活躍に注目が集まっている。2015年仕様は空力の改善やブレーキの強化などで競争力が一層高められていて、事実ここまで4戦2勝を挙げ、シリーズランキングでも#10 GAINER、#3 NDDP RACINGの順に1-2につけている。その分、ウェイトハンディも重くなっているが、1000kmと長丁場のレースだけに、展開によっては上位入賞はもちろん、優勝の期待も高まっている。

今大会は非常に距離が長いことから、GT300クラスでは半数ほどのチームが第3ドライバーを起用。#3 NDDP RACINGでは星野一樹、高星明誠のレギュラードライバーに加え、今シーズンはブランパン耐久シリーズに参戦しているウォルフガング・ライプがエントリー。昨年に続き、2度目の夏の鈴鹿に挑む。

日産 GT-R 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 GT-R の関連記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22