autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース カーチェイスが見どころの映画『ナイトクローラー』8/22公開

自動車ニュース 2015/8/11 18:39

カーチェイスが見どころの映画『ナイトクローラー』8/22公開

まだハリウッドが取り上げたことのないテーマを、センセーショナルかつリアルに描き、本年度の賞レースを席巻、本年度アカデミー賞【脚本賞】ノミネートも果たした震撼の衝撃作『ナイトクローラー』が8月22日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかで全国公開となる。

ナイトクローラー
ナイトクローラーナイトクローラー

L.A.では街が眠りにつく間、傍受した警察無線からけたたましく音が鳴り響くのをスタート合図に、猛スピードで車を走らせ、いち早く事件・事故現場に駆け付けて被害者にカメラを向ける者たちがいる。通称“ナイトクローラー”。報道スクープ専門の映像パパラッチだ。彼らは、死臭を求めるハイエナの如く貪欲に、刺激的な映像を求めて夜の街を這いまわる。

そして、手に入れた映像をテレビ局に売り捌き、カネを得る。本作は、視聴率の為に倫理をも踏み外した映像を欲しがるテレビ業界の裏側と、それを非難しながらも求める現代社会の闇に迫る。

この作品のポイントのひとつは、ナイトクローラー(報道スクープ専門の映像パパラッチ)としてのし上がっていく主人公ルイスが乗っている車だ。

映画冒頭ではいかにもボロい「トヨタ ターセル」に乗り闇にまぎれてコソ泥稼業に勤しむ彼が、ナイトクローラーという職業と出会い、本格的に事業を始める決意をして買い替える車は、スピードの出る真っ赤な「ダッジ チャレンジャー」。

警察車両や他のナイトクローラーよりもいかに早く現場に到着できるかがカギとなるこの仕事において、L..A.の夜を舞台に繰り広げられるカーチェイスも非常にクールなものになっている。

ギルロイ監督は、カーチェイスの撮影について「真夜中、ロサンゼルスの大通りを封鎖して、そこに3台の車を時速145キロで走らせて衝突させる撮影なんて、どれだけきちんと計画しても予想通りいかないんだ。でもスタッフたちが驚異的な手腕を発揮してくれたおかげで、追跡シーンを上手く撮ることができた。予期せぬことも起きたけれど、それは良い意味でのサプライズだったね」と語る。

車、そしてカーチェイスも見所、究極のエンディングを迎える時、果たしてルイスはどんな車に乗っているのか――?

主演は、『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞にノミネートされたジェイク・ギレンホール。我々の隣にもいるごく普通の男に潜む底なしの狂気を恐ろしくも見事に演じきり、 ロバート・デ・ニーロが演じた『タクシードライバー』のトラヴィスの再来とも言われている。

監督・脚本は、『ボーン・レガシー』の脚本を手掛けたダン・ギルロイ。本作が初監督作となる。米国レビューサイトRotten Tomatoesで驚異の満足度95%を叩き出した、映画史上かつてない“戦慄のハッピーエンド”を体験せよ――。

あらすじ

学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルー(ジェイク・ギレンホール)は、ある日事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ<ナイトクローラー>と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知る。

さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、警察無線を傍受しながら事件や事故の発生を待ち、猛スピードで車を走らせ、現場に駆け付ける。良心の呵責など1秒たりとも感じない彼の過激な映像は高く売れるが、局の要求はさらにエスカレートしていく。

そして、遂にルーは一線を越える──。

タイトル: 『ナイトクローラー』

公開:8月22日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

配給: ギャガ

コピーライト: © 2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS

ダッジ チャレンジャー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダッジ チャレンジャー の関連記事

ダッジ チャレンジャーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダッジ チャレンジャー の関連記事をもっと見る

ダッジ チャレンジャー の関連ニュース