autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース GSユアサ、JR福島駅向けリチウムイオン蓄電システムを納入

自動車ニュース 2015/8/3 17:46

GSユアサ、JR福島駅向けリチウムイオン蓄電システムを納入

地産地消型再生可能エネルギーの普及に貢献

GSユアサ

GSユアサは、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)が、省エネルギー・再生可能エネルギーなど、さまざまな環境保全技術を導入する取り組み「エコステ」のモデル駅として運用開始しているJR福島駅に、約500kWhのリチウムイオン電池と太陽光発電用の防災対応型パワーコンディショナ2セットを納入した。

※エコステ:JR東日本殿が取り組む、省エネルギー、再生可能エネルギーなど、さまざまな環境保全技術を駅に導入する計画

JR福島駅では、三菱電機株式会社が納入した電力供給システムにより、駅で消費する電力の23%を太陽光などの自家発電でまかなうことができる。そして、リチウムイオン電池を導入することにより、災害などによる停電時でも最大12時間非常用負荷へ電力供給することが可能となり、JR福島駅を防災拠点として活用することができる。

今回GSユアサが納入したリチウムイオン蓄電システムには、スマートグリッドや電力貯蔵などをターゲットとして商品化したリチウムイオン電池モジュール「LIM50E-12G」を採用しており、複数のモジュールを組み合わせることにより、電圧や蓄電池容量を容易にカスタマイズすることが可能。

GSユアサグループはパワーコンディショナやリチウムイオン電池の普及により、防災拠点の拡大に貢献し、安心・安全な生活環境づくりに寄与するとともに、環境負荷の低減に貢献していく構え。

リチウムイオン蓄電システムの特長

【1】複数のモジュールを直列または並列に組み合わせることにより、電圧や蓄電池容量を容易にカスタマイズでき、大規模な蓄電システムの構築が可能

【2】1バンクごとの独立制御により、システムを停止せずにメンテナンスが可能

(バンク:所定の蓄電システム電圧を得るために、複数のリチウムイオン電池モジュールを直列に接続した1つの群のこと)

【3】標準装備した電池管理装置により、リチウムイオン電池の全セル電圧、全モジュール温度および全ユニット電流を常時監視するとともに、パワーコンディショナや監視・制御システムへの出力が可能

【4】セル性能やユニット間の抵抗のばらつきが少ないため、蓄電システムとしての性能を最大限に発揮

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!