autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ「RS 7」自動運転でサーキットを全開走行

自動車ニュース 2015/8/3 14:33

アウディ「RS 7」自動運転でサーキットを全開走行

関連: アウディ
Audi RS 7自動運転コンセプトカー

アウディは世界で最もチャレンジングなサーキットの1つと言われている米国カリフォルニアの『ソノマ レースウェイ』で「Audi RS 7 自動運転コンセプトカー」のパフォーマンスを披露した。

同社は「A8」において、自動運転の実用化を計画している。アウディでブレーキ、ステアリング、ドライバーアシスタンスシステムの開発責任者を務めるトーマス・ミューラー氏は「ソノマにおいて我々は、RS 7自動運転コンセプトカーを何ラップにもわたって物理的限界まで追い込みました。それでもクルマは、一貫した正確さで課題を成し遂げたのです」と述べた。

テスト車は、プロドライバーに匹敵する正確で効率的な運転スキルで、一周4,050mのサーキットを2分01秒01のタイムで周回した。

近年アウディは、徐々に厳しい条件下で自動運転の実験を行ってきた。2014年10月には「ボビィ」という愛称の「RS 7」ベースの実験車が、ホッケンハイム サーキットをドライバーなしで最高240km/hの速度で駆け抜けている。

それに対し、「ロビィ」というニックネームが付けられた今回のテスト車は、412kW(560hp)のパワーを発生し、重量は前のモデルより約400kgも軽くなった。ブレーキング、ステアリング操作、加速など「ロビィ」はすべての運転操作を、完全に自律的かつ最高の精度でコントロールする。

Audi RS 7自動運転コンセプトカー

アウディの自動運転は「A8」の次世代モデルにおいて実用化が図られる予定

2015年の初めに、「ジャック」と命名された、生産モデルに近い「A7」の自動運転コンセプトカーが、シリコンバレーからコンシューマーエレクトリックショー(CES)が開催されるラスベガスまで、一般のハイウェイなどを通って自動運転で移動した。そのすぐ後には、同じクルマが、ドイツのアウトバーン上で130km/hまでの速度で自動運転を行っている。2015年5月に開催されたCESアジアでは、巨大都市上海の市街地で、ジャーナリストが自動運転を経験する機会が与えられた。

多種多様な実験路での走行を含めた開発作業により、センサーテクノロジーからデータ処理、車両制御/安定化のための技術に至るまで、自動運転の技術を生産モデルに適用する上で、価値ある知識やノウハウが蓄えられつつある。自動運転のテクノロジーは、より安全で、時間の無駄がなく、効率的で便利なモビリティを実現するためのもの。自動運転のシステムが完成すれば、とりわけドライバーが運転を負担に感じる場合や、逆に単調に感じる場合などに、自動車の安全性が向上することになる。

さらにこうしたシステムにより、ドライバーは移動中の時間をより自由に活用できるようになる。

システムが一時的に運転の責務を担う場合には、状況を予測するテクノロジーが、運転をより効率的かつ快適にして、乗員のストレスを減らす役割を果たす。アウディの自動運転は、ラグジュアリークラスのセダン、「A8」の次世代モデルにおいて実用化が図られる予定だ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ の関連記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/11~2017/12/11