autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース すべてのSSでスバル勢がベストタイム【全日本ラリー第5戦福島・デイ1】

自動車ニュース 2015/7/28 14:06

すべてのSSでスバル勢がベストタイム【全日本ラリー第5戦福島・デイ1】

スバルレースレポート

全日本ラリー第5戦福島【スバル】

全日本ラリー選手権第5戦『がんばろう!福島MSCCラリー2015』が7月25,26日に開催された。25日にデイ1を終えて、新井敏弘/田中直哉(スバル WRX STI)がラリーをリード。5.7秒差の2番手には、今回のラリーからVAB型スバル WRX STIを投入した勝田範彦/足立さやか(スバル WRX STI)がつけていた。

デイ1の天候は晴れ時々曇りで、観戦エリアには多くの観客が訪れていた。一方、気温は場所によって30度以上となるなど、ドライバーには厳しいコンディション。デイ1には4つのSSを2度走行する計8SSが設定され、SS2/6の11.06kmが最長ステージです。もともとハードなグラベルラリーとして知られる福島だが、路面はラリー前に降った雨により水分を含み、1周目から轍ができやすい荒れたコンディションとなった。

SS1では、新型にスイッチした勝田がいきなりベストタイムを獲得し、周囲を唸らせる。しかし続くSS2では新井(敏)がベストタイムで首位を奪い、その後も安定した走行を披露し首位を守り切り初日を終えた。デイ1ではスバル勢がすべてのSSでベストタイムを獲得する強さを発揮した。その内訳は新井(敏)が3回、勝田が3回、炭山裕矢/保井隆宏、新井大輝/伊勢谷巧がそれぞれ1回ずつとなっている。

※SS:スペシャルステージ

リズミカルな走りが攻略のカギ

全日本ラリー第5戦福島【スバル】

SS2以降首位を守り続ける新井(敏)は、「デイ1のステージは低速ロングコーナーや轍に対応する走りを求められるため、それに合わせたセッティングを施しています。特に今日のステージはリズミカルな走りができないと、なかなかタイムを出すのが難しい印象ですね。今のところ自分自身はいいペースで走ることができています。デイ2は比較的ハイスピードなSSなので、路面が荒れないうちにタイムを稼ぎたいと思います」とコメントした。

その新井(敏)が、「予想以上にいい走りを見せているため油断できません」と評したのが勝田。新型での初戦とあって、まだ完璧な仕上がりではないようだが3度のベストタイムを奪う走りを見せていた。勝田は「新型の投入はなんとか間に合いましたが、セッティングについてはまだ暫定の状態です。それでもトップ争いできていますから、今日の結果は上出来と言えるでしょう。VAB型はハンドリングが良くコントロールしやすい印象です。明日は少しずつペースを上げていければと思います」と、新型の手応えを語っていた。

総合6番手につけている鎌田は、「シーズン序盤戦であったトラブルは解消の方向に向かっていますが、ベストセッティングを見つけるために少しずつノウハウを積み上げて前進している状態です」とコメント。午後のSSでやや盛り返して来ており、デイ2の走りにも期待がかかる。

スバル WRX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル WRX の関連記事

スバル WRXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル WRX の関連記事をもっと見る

スバル WRX の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/23~2017/8/23