autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、北米向け「エクストレイル」を国内で生産することを発表

自動車ニュース 2015/7/9 16:01

日産、北米向け「エクストレイル」を国内で生産することを発表

2016年度の国内生産台数が100万台を回復する見込み

日産ローグ(日本名:エクストレイル) 

日産は、北米向けクロスオーバーSUV「ローグ」(日本名:エクストレイル)を、同社の生産子会社である日産自動車九州で補完生産することを決定したことを発表した。

北米向け「ローグ」の日産自動車九州での生産開始は、2016年春を予定している。生産台数は年産10万台程度の規模を計画しており、これにより、2016年度の国内生産台数は100万台を回復すると見込んでいる。

「ローグ」はコンパクト・クロスオーバーSUVの中核となるモデルで、2013年11月に米国で発売して以降、同車が持つ「最適なサイズ、使いやすいユーティリティスペース、優れた環境性能」が高い評価を得ており、特に2015年1月~6月の米国での販売実績は前年同期比で36.3%増の13万5千台と、非常に好調な販売を維持している。

日産ローグ(日本名:エクストレイル) 

好調な販売に追いつかない生産能力

北米向けの現行「ローグ」は米国テネシー州スマーナ工場、及び韓国のルノーサムスンの工場で生産しているが、工場の生産能力は好調な販売に追いつかない状況が続いており、増産に向けた様々な対応策を検討してきた。

日産自動車九州で補完生産することを決めた理由は、同社がグローバルコストリーダーとして、日産のグローバル生産拠点の中でも高いコスト競争力を持つこと、ルノー・日産アライアンスとしてグローバル標準のラインを導入済みであり多車種混流生産などのフレキシビリティを有すること、及びこれまでのローグの生産実績に基づき、立ち上げ初期から高い品質を保証出来ることによるもの。

日産自動車九州は2011年10月の設立以来、自工場内の生産改善のみならずサプライヤーとの同期や近接化、また日韓ダブルナンバーのトラックシャシー導入などに代表される革新的な物流改善や構内無人搬送の拡大などの取り組みによって、日産におけるグローバルコストリーダーの地位を確立してきた。

今後もさらにコスト競争力に磨きをかけ、ルノー・日産アライアンスにおいて重要な生産拠点になることを目指していくという。

日産ローグ(日本名:エクストレイル) 

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24