autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ新型「ピクシス メガ」を発売 ~価格は135万円から~

自動車ニュース 2015/7/2 14:39

トヨタ新型「ピクシス メガ」を発売 ~価格は135万円から~

関連: トヨタ
トヨタ 新型「ピクシス メガ」

トヨタは新型「ピクシス メガ」を7月2日に発売開始した。

ピクシス メガは、ユーザーのさまざまな生活シーンで活躍できるクルマを目指し、「視界の良さ」「広々とした室内空間」をキーワードに開発された。アイポイントを5ナンバーミニバン並みの1,387mmとし、運転席からの見晴らしの良さを実現。ドライバーの視界を確保し、ゆとりある運転を可能とした。

また、室内高を軽自動車トップレベルの1,455mmとし、大人4人がゆったりと乗車できる広々とした室内空間を実現。さらに、サスペンションやボディ構造を見直し、1,835mmもの全高にも関わらず、操縦安定性を確保している。

価格は1,350,000円~1,749,600円(消費税込)。

なお、新型車はトヨタとダイハツとの間で合意した軽自動車OEM供給の第4弾である。

トヨタ 新型「ピクシス メガ」トヨタ 新型「ピクシス メガ」トヨタ 新型「ピクシス メガ」トヨタ 新型「ピクシス メガ」トヨタ 新型「ピクシス メガ」
トヨタ 新型「ピクシス メガ」トヨタ 新型「ピクシス メガ」トヨタ 新型「ピクシス メガ」トヨタ 新型「ピクシス メガ」トヨタ 新型「ピクシス メガ」

(!)ポイントをチェック

(1)ミニバン並みの見晴らしの良さ

・アイポイントをミニバン並みの1,387mmとすることで、ドライバーの視界を確保し、ゆとりある運転をサポート

・助手席サイドミラーにアンダーミラーを追加し、運転席から見えにくい車両左側面の視界を確保するとともに、室内のバックドア上部にリアアンダーミラーを設定することで後方視界も確保

(2)広々とした室内空間と使い勝手の良さ

・軽自動車トップレベルの室内高1,455mmにより、大人4人がゆったりと乗車できる室内空間を実現。また、ドア開口高さを1,700mmとし、楽な姿勢で乗り込むことが可能となり、子どもから高齢者まで楽に乗降できるよう配慮した

・約90Lの大容量ラゲージアンダートランクを設定。アンダートランクを活用することで荷室高は最大1,485mmとなり、リアシートを畳むことなく長尺物を縦に積載が可能

・助手席前に大型インパネトレイを設定したほか、シフトパネル下部にインパネセンターポケットを採用するなど、利便性に配慮し、収納スペースを多数確保。さらに、パワースライドドア(ワンタッチオープン機能付)をリア左右両側に採用し、使い勝手の良さを追求

(3)車高の高さを感じさせない操縦安定性

・ショックアブソーバーのサイズアップなど、足回りの剛性を高めるとともに、スタビライザーなどの採用により、操縦安定性を確保

・ルーフパネルなどの板厚最適化や、バックドアやフロントフェンダーなどの樹脂化により軽量化を図り、車両の低重心化に貢献

・高速走行時の操縦安定性を高める空力フィンを、ドアミラーとリアコンビネーションランプに採用

(4)広々とした室内空間でありながらも優れた環境性能

・停車直前からエンジンを止めるアイドリングストップシステム“eco IDLE(エコアイドル)”を全車に設定するなど、KFエンジン搭載の2WD車は25.4km/L(JC08モード)を達成

・「平成32年度燃費基準」を達成し、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定取得とあわせ、全車「エコカー減税」の対象となっている

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/23~2017/8/23