autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース キャデラック「ATS-V」シリーズ初の“3.6リッターツインターボエンジン”を搭載

自動車ニュース 2015/6/23 14:53

キャデラック「ATS-V」シリーズ初の“3.6リッターツインターボエンジン”を搭載

最小最軽量でありながらサーキット走行も可能に

キャデラック 新型「ATS-V」

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、キャデラック新型「ATS-V」に同社Vシリーズ史上初の“V6 3.6リッター ツインターボエンジン”を搭載することを発表した。

新型「キャデラックATS-V」は、キャデラックのVシリーズ史上、最小最軽量でありながら、エントリー・ハイパフォーマンス・スポーツセダンのセグメントをリードするツインターボのパワーとデザインとパフォーマンスを実現。最高出力346Kw(470PS)/5,850rpm、最大トルク603N・m(61.5kg・m)/3,500rpmを誇る3.6リッター・ツインターボ・エンジンの0-60mph加速は、3.8秒とセグメント最高のパワーを誇る。

このパワーをバックアップするのがパドルシフト8速オートマチック・トランスミッション(ローンチコントロールとパフォーマンス・アルゴリズム・シフトを搭載)である。

なお、同車は2014年11月に日本導入が発表されたが、発売日は明らかとなっていない。

3.6リッターV6 ツインターボエンジン

(!)主なポイントは4つ

(1)低慣性チタンアルミナイド製タービンを備えたターボチャージャーは、レスポンスの良いトルクを生み出す

(2)ターボは、ピーク時のパワー・レベルで、ピーク効率に合わせるため、最適なトラック・パフォーマンスが引き出せる

(3)特許出願中の低容量チャージ・クーリング・システムは、パッケージングの効率を最適化し、ブースト圧を最大化

(4)軽量チタン製コネクティングロッドは、タービンの慣性を低減し、高速でスプールするターボチャージャーを補完

また、キャデラックのツインターボの特長である高性能潤滑システムは、サーキットでよく発生する高い横Gに対し、最適な油圧と冷却性能を維持できるよう設計されている。

キャデラック ATS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

キャデラック ATS の関連記事

キャデラック ATSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック ATS の関連記事をもっと見る

キャデラック ATS の関連ニュース

キャデラック 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25