autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース WRCイタリア、VWのオジェ選手がポロR WRCで今季4度目の優勝を果たす

自動車ニュース 2015/6/15 16:35

WRCイタリア、VWのオジェ選手がポロR WRCで今季4度目の優勝を果たす

フォルクスワーゲン 「ポロR WRC」
フォルクスワーゲン 「ポロR WRC」

フォルクスワーゲンは、ラリー競技の最高峰「FIA世界ラリー選手権(通称:WRC)」の2015年シーズン第6戦「ラリー・イタリア」に市販車をベースとした3台の「ポロR WRC」で参戦、フランス人のセバスチャン オジェ選手が今季4度目となる優勝を果たした。

2015年6月11日(木)~6月14日(日)にかけて開催された「ラリー・イタリア」は、地中海に浮かぶサルディニア島を舞台としたグラベル(未舗装路)ラリー。

拠点となるのは北西部の街、アルゲーロ。競技区間(スペシャルステージ、通称:SS)は23、SS距離394.63km、総走行距離1548.65kmで行われた。「ラリー・イタリア」は2004年以来本土ではなくサルディニア島での開催が継続されており、浮き砂利の乗ったラフな路面が特徴となっている。

11日(木)の夜、ラリーは島の南部に位置する港町カリアリからスタート。2台同時走行の特設コースが設けられ、フォルクスワーゲンチームは2番手にアンドレアスミケルセン選手、6番手にオジェ選手、7番手にヤリ‐マティラトバラ選手という順でこの日を終えた。

フォルクスワーゲン 「ポロR WRC」
フォルクスワーゲン 「ポロR WRC」

続く12日(金)からは本格的なグラベルでのSSが始まったが、乾いた路面には細かな砂が積もり、先頭走者のオジェ選手は砂利掻き役を強いられタイムを伸ばせず。しかし砂利が掃けた午後のSSでタイム差を縮め、オジェ選手は総合2番手、ラトバラ選手は総合3番手で12日(金)の競技を終えた。また、ミケルセン選手はSS5でサスペンションを破損してしまい、この日の走行を断念している。

続く13日(土)は明暗の分かれる1日となった。オジェ選手は粘り強く好タイムを重ね、ライバルのミスもありこの日の午後には総合首位へと浮上。一方、ラトバラ選手は2度のトラブルに見舞われて6番手に後退、ミケルセン選手もコースアウトを喫し再び戦線を離脱した。

フォルクスワーゲン 「ポロR WRC」

最終日の14日(日)、大量のリードを築いたオジェ選手は今季4度目の勝利を獲得、WRC通算勝利数を28とした。

ラトバラ選手は6位、ミケルセン選手も36位で完走を果たしている。また、ボーナスポイントが設定された最終SSの「パワーステージ」ではオジェ選手、ラトバラ選手、ミケルセン選手の順でトップ3を独占する強さを発揮し、それぞれボーナスポイントを加算した。

フォルクスワーゲンチームは全23SSのうち14SSでトップタイムを記録し、「ポロR WRC」の速さを示した。第6戦を終えて、マニュファクチャラーズ選手権、ドライバーズ選手権ランキングとも差を広げて首位を維持している。次戦は7月2日(木)~5日(日)の第7戦「ラリー・ポーランド」が予定されている。

フォルクスワーゲンモータースポーツディレクター:ヨーストカピート

「最後は勝利という良い結果を得ることができましたが、とにかく様々なことが起きた週末でした。今回の勝利は、それぞれの選手権を戦っていくうえで非常に大きなステップとなるでしょう」

カー#1:セバスチャンオジェ(フランス)最終結果:総合1位

「サルディニアでのこの勝利は、選手権争いにとって非常に重要です。今回は新しいステージも多く、精神的にも身体的にも非常に厳しいラリーでした。そこで勝利を得られたことを誇りに思います」

カー#2:ヤリ‐マティラトバラ(フィンランド)最終結果:総合6位

「この週末に起きたトラブルを考えれば、6位という結果とパワーステージでのポイント獲得は上出来かもしれません。速さは出せたので、ポーランドでさらに調子を上げていくことを楽しみにしています」

カー#9:アンドレアスミケルセン(ノルウェー)最終結果:総合36位

「最終日はパワーステージでポイントを獲得することに集中しました。それはうまくいきましたが、もちろんラリーの内容は残念に思っています。次のポーランドまでの2週間で気持ちを切り替えます」

FIA世界ラリー選手権第6戦ラリー・イタリア最終結果

1.セバスチャンオジェ/ジュリアンイングラシア(フォルクスワーゲン)4時間25分54秒3

2.ヘイデンパッドン/ジョンケナード(ヒュンダイ)+3分5秒4

3.ティエリーヌービル/ニコラジルソウル(ヒュンダイ)+4分22秒5

6.ヤリ‐マティラトバラ/ミーカアンティラ(フォルクスワーゲン)+8分6秒7

36.アンドレアスミケルセン/オーラフローネ(フォルクスワーゲン)+1時間36分52秒0

FIA世界ラリー選手権マニュファクチャラーズ選手権ランキング(第6戦終了時点)

1.フォルクスワーゲン・モータースポーツ/179

2.シトロエン・トタル・アブダビ・ワールドラリーチーム/115

3.ヒュンダイ・モータースポーツ/113

4.Mスポーツ/99

5.ジポカー・チェコ・ナショナルチーム/34

6.ヒュンダイ・モータースポーツN/31

7.フォルクスワーゲン・モータースポーツII/31

8.FWRT3

FIA世界ラリー選手権ドライバーズ選手権ランキング(第6戦終了時点)

1.セバスチャンオジェ(フォルクスワーゲン)/133

2.マッズオストベルグ(シトロエン)/67

3.アンドレアスミケルセン(フォルクスワーゲン)/64

4.ヤリ‐マティラトバラ(フォルクスワーゲン)/56

5.エルフィンエバンス(Mスポーツ)/53

6.ティエリーヌービル(ヒュンダイ)/50

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円