autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース VWが6年ぶりにMTモデル導入 ~「ゴルフ R」「ゴルフ GTI」「ポロ GTI」の3モデルに設定~

自動車ニュース 2015/6/9 18:36

VWが6年ぶりにMTモデル導入 ~「ゴルフ R」「ゴルフ GTI」「ポロ GTI」の3モデルに設定~

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、人気のスポーツハッチバック3モデル、「ゴルフ R」、「ゴルフ GTI」、「ポロ GTI」に、6年ぶりとなるマニュアルトランスミッション(M/T)モデルを設定し、6月11日(木)から受注開始する。各モデルの販売価格(消費税込)は、「ゴルフ R」539万円、「ゴルフ GTI」389万円、「ポロ GTI」327万5千円で、配車は、「ゴルフ R」と「ポロ GTI」が9月から、「ゴルフ GTI」は10月からを予定している。

VGJではこれまで、変速時のトルク切れが無く、スムーズでパワフルなシフト感覚と低燃費性能も高次元で融合し、さらに、オートマチックトランスミッション同様の取り扱いのし易さで定評のある「DSG」トランスミッションを主にラインアップしてきた。今回、6年ぶりに復活するM/Tモデルは、“自らクルマを操る喜びや、楽しみを感じたい”というM/Tモデル復活を望んでいた多くのユーザーの要望に応える形となる。VGJでは、一人でも多くのユーザーに「ゴキゲン♪」なドライビングプレジャーを提供したいとしている。

今回、新たに設定するM/Tモデルは、全てフォルクスワーゲン製のユニークな3軸構造を持つ6速M/T(前進:6段、後進:1段)を搭載する。

フォルクスワーゲン ゴルフR
フォルクスワーゲン ゴルフ GTI

「ゴルフ R」と「ゴルフ GTI」では、エンジンの最高出力、最大トルクは共に変更はなし。サスペンションにおいて「ゴルフ R」では、DSGとM/Tモデル共に、「R」専用のスポーツサスペンションを装着。電子制御サスペンションのアダプティブシャシーコントロール“DCC”も標準装備する。「ゴルフ GTI」では、DSGとM/Tモデルともに変更はなしで、“DCC”はDSG、6速M/Tモデル共にオプション設定となる。

安全装備では、「ゴルフ R ヴァリアント」で「ゴルフ」シリーズに初採用した“ブラインドスポットディテクション”(後方死角検知機能)と、“リアトラフィックアラート”(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)を「ゴルフ R」と「ゴルフ GTI」の6速M/Tモデルでも標準装備とした。

フォルクスワーゲン ポロ GTI

一方、「ポロ GTI」では、7速DSGモデルと異なる、M/Tならではの“Fun to Drive”な走りを最大限引き出せるよう、出力特性をチューニング。最高出力は、141kW(192ps)と双方ともに同じだが、ピークパワーは7速DSGモデルよりも1,100rpm低い、4,300rpmから6,200rpmまでの幅広いレンジで得ることが可能。さらに、最大トルクでは、6速M/Tの許容範囲に収まる320Nm(7DSGは250Nm)となる。

また、「ポロ GTI」の6速M/Tモデルには、ドライバーの好みでサスペンションのセッティングを自由に変更できる“Sport Select”シャシー付きスポーツパフォーマンスキットを標準装備。センターコンソールにあるスイッチを押すたびに、ショックアブソーバーのダンピング特性を「スポーツ」、「ノーマル」に切り替え可能。「スポーツ」では、ショックアブソーバーの減衰力が高められるとともに、スポーティな走りを楽しむことができる。また「ノーマル」では、標準モデルよりもよりソフトな設定となる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円