autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 雰囲気はもちろん実用性も高評価!フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」「 ザ・ビートル・カブリオレ」をカーソムリエが試乗

自動車ニュース 2015/5/30 09:24

雰囲気はもちろん実用性も高評価!フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」「 ザ・ビートル・カブリオレ」をカーソムリエが試乗

カーソムリエって何?

カーソムリエはオートックワン運営の『カーソムリエ検定』に合格した、その名の通りの"自動車のソムリエ"。彼らが実際に試乗をし、そのクルマについて感じたことを投稿しているのが『カーソムリエレポート』です。これまでに全国1,500名のカーソムリエが、8,000件以上のレポートを投稿しています。

今回は、オシャレでカワイイ輸入車として人気のフォルクスワーゲン「ザ・ビートル」と「ザ・ビートル・カブリオレ」が登場!先代、先々代譲りのアイコニックな外見と侮れない実用性をカーソムリエはどう評価する!?

外見は似てても中身は別物(カーソムリエ michihiro888さん)

フォルクスワーゲン ザ・ビートル「デザイン」[ボディカラー:サターンイエロー/内装色:ブラック]
フォルクスワーゲン ザ・ビートル「デザイン」[ボディカラー:サターンイエロー/内装色:ブラック]

■フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」

外観デザイン ★★★☆☆

インテリア ★★★☆☆

走りやすさ ★★★★☆

総合評価 ★★★☆☆

先代のビートルが「NEWビートル」というネーミングだったのに対して、新型は「ザ・ビートル」と名付けられました。なぜ?と思いますが、この「ザ=これこそ」に大きな意味があったのです。外観のデザインは、よほど注意しないとわからないほど先代ビートルを踏襲しています。しかしよく見ると、ワイド&ローになったボディとテールランプのデザインが先代との違いを表しています。しかし一番の変化は中身です。……

→このレポートの続きは [こちらをクリック!]

■この車の他のカーソムリエレポートは [こちらをクリック! ]

最新クラシカル、楽しむならターボ(カーソムリエ 直列6気筒NAさん)

フォルクスワーゲン ザ・ビートル「デザイン」[ボディカラー:サターンイエロー/内装色:ブラック]
フォルクスワーゲン ザ・ビートル「デザイン」[ボディカラー:サターンイエロー/内装色:ブラック]

■フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」

外観デザイン ★★★★★

インテリア ★★★☆☆

走りやすさ ★★★☆☆

総合評価 ★★★☆☆

フォルクスワーゲンの遊び心をそのまま体感できるところがお勧めです。当時、といっても戦中戦後は今のポロやゴルフのように真面目一本で作り出したスタイルも今はクラシカルなテイストの遊び心満点のエクステリアとして甦らされています。遊び心で乗るなら、非力なノンターボはいただけません。待望の高出力エンジンがせっかくあるのでターボ車にしたいと思います。……

→このレポートの続きは [ こちらをクリック!]

■この車の他のカーソムリエレポートは [こちらをクリック! ]

カブリオレでは一押し(カーソムリエ パン君さん)

フォルクスワーゲン ザ・ビートルカブリオレ [ボディカラー:トルネードレッド/内装色:ブラック]
フォルクスワーゲン ザ・ビートルカブリオレ [ボディカラー:デニムブルー/内装色:ブラック]

■フォルクスワーゲン「ザ・ビートル・カブリオレ」

外観デザイン ★★★★☆

インテリア ★★★☆☆

走りやすさ ★★★★☆

総合評価 ★★★☆☆

デザインレザーパッケージを試乗しました。クーペスタイルも良いですがオープンが凄く似合います。電動旧型のニュービートル(ややこしいですね)はデザイン優先で後席が狭く実用性に欠けていましたが、新型のザ・ビートル(ややこしい!)は後席の大人使用にも耐えうるパッケージとなりました。今回のフールラインやランプ類は初期型ビートルやポルシェ356の雰囲気があり好感がもてますがルーフが無くても、やはり昔のビートルカブリオレにそっくりです。……

→このレポートの続きは [こちらをクリック! ]

■この車の他のカーソムリエレポートは [こちらをクリック! ]

ファンカーとしておすすめの一台(カーソムリエ kazuさん)

フォルクスワーゲン ザ・ビートルカブリオレ [ボディカラー:トルネードレッド/内装色:ブラック]
フォルクスワーゲン ザ・ビートルカブリオレ [ボディカラー:トルネードレッド/内装色:ブラック]

■フォルクスワーゲン「ザ・ビートル・カブリオレ」

外観デザイン ★★★★☆

インテリア ★★★★☆

走りやすさ ★★★★☆

総合評価 ★★★★☆

ザ・ビートルのオープンタイプ。伝統的な愛らしいスタイリングでオープンエアを楽しめる、ある意味究極のファンカーだ。 とはいっても、さすがはVWの作る車だけあって、作りはとてもしっかりしている。オープンにありがちなボディのユルさもなく、堅牢ボディは健在。乗り味もドイツ車らしい。 ソフトトップなのも愛らしいビートルには似合っている。走行中にも開閉が出来るのも、実際使ってみるとかなり重宝するし、しかも開閉時間がとても早く、10秒前後で出来てしまう。レザーシート+ボディ同色インパネの内装も雰囲気が良い。……

→このレポートの続きは [こちらをクリック! ]

■この車の他のカーソムリエレポートは [こちらをクリック! ]

あなたもカーソムリエになりませんか?

会員登録のうえ、「カーソムリエ検定」に合格すれば、カーソムリエの資格が認定されます。

カーソムリエ検定は、自動車に関する様々な知識を問うクイズ形式の検定試験です。お使いのスマートフォンもしくはパソコンから、1回5~10分程度で受検することができ、何度でも挑戦できます。

[こちら ] からカーソムリエ検定を受けてみよう!

レポート投稿者随時募集中! レポート投稿に関する詳細は [コチラまで ]

※ 試乗レポート1件の投稿につき、Amazonギフト券500円分をプレゼント!

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 関連ページ

フォルクスワーゲン ザ・ビートル・カブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連記事

フォルクスワーゲン ザ・ビートルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円