autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデスAMG、「C63(セダン/ステーションワゴン」を発表

自動車ニュース 2015/5/27 13:35

メルセデスAMG、「C63(セダン/ステーションワゴン」を発表

C63 S
C63 S ステーションワゴン

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデスAMG C63」を発表し、5月27日より注文受付を開始した。なお、「メルセデスAMG C63 S」と「メルセデスAMG C63」の発売は2015年10月以降を予定している。

価格は「メルセデスAMG C63」が1,195万円(消費税込)~、「メルセデスAMG C63 ステーションワゴン」は1,275万円(消費税込)~。

関連記事:メルセデスAMG 「C63 S」の特別仕様車「Edition 1」を限定販売

特長

(1)新開発のAMG 4リッターV8直噴ツインターボエンジン

「メルセデスAMG C63」の心臓部には、メルセデスAMG社が完全自社開発したスポーツカー「メルセデスAMG GT」と基本設計を共通とするAMG 4リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」を搭載。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現した。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減している。

メルセデスAMGが独自開発したこれらの最新技術により、C63は最高出力476PS(350kW)、最大トルク650Nm、C63 Sは最高出力510PS(375kW)、最大トルク700Nmを発揮。C63 Sは0-100km/h加速4.0秒とクラストップの動力性能を実現した。

(2)AMGダイナミックエンジンマウント

エンジンマウントに磁性体入の液体可変マウントを搭載。各種センサーからの情報によりドライビングの状況を検知して、マウントの硬さを自動で調整する。通常走行時は柔らかいマウントによってドライブトレインからのノイズと振動を効果的に遮断し快適性を高めることができる。ダイナミックなドライビング時にはマウントを硬くすることでドライブトレインのロールモーションを減少しクイックなコーナリングを実現している。※C63 Sに標準装備

(3)エグゾーストフラップ付AMGエグゾーストシステム

C63とC63 Sには排気管内のエグゾーストフラップによってエグゾーストノートを切り替えるシステムを採用。

C63には排気管内に1つの連続可変エグゾーストフラップを備えた「AMGスポーツエグゾーストシステム」を装備。トランスミッションモードに応じた2種類のエンジンサウンドを、AMGダイナミックセレクトスイッチにより切り替えることができる。

一方、C63 Sには、3つの連続可変エグゾーストフラップを備えた「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」を装備。トランスミッションモードに応じ、加速時やシフトダウンによる自動ブリッピング時にエモーショナルなサウンドを響かせたり、長距離クルージングなどで落ち着いたサウンドを響かせたりすることが可能だ。

(4)AMGスピードシフトMCT

トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを採用し、ダイレクト感のある素早いシフトチェンジと高い伝達効率を実現した電子制御式7速スポーツトランスミッション「AMGスピードシフトMCT(マルチ・クラッチ・テクノロジー)」を搭載。通常のオートマティック・トランスミッションに見られる損失を低減し燃費効率の大幅改善に貢献している。

さらに、高速走行時などにアクセルから足を離すとエンジンとトランスミッションを切り離して燃料消費を抑えるセーリング機能の採用によって燃費を優先する「C(Comfort)」、よりスポーティなドライビングが愉しめる「S(Sport)」「S+(Sport Plus)」、様々なパラメーターを個別に設定できる「I(Individual)」の4つのモードを設定した。またC63 S専用の「RACE」モードでは、サーキット走行のためにすべてのパラメーターが変更される。

(5)AMGダイナミックセレクト

快適なクルージングからサーキットでのダイナミックなパフォーマンスまで、センターコンソールのスイッチを操作するだけでドライバーが望むキャラクターにセッティング可能なシステム。トランスミッションのシフトプログラムに加え、エグゾーストシステムを含むエンジン特性、サスペンション、ステアリング特性、3ステージESP、ECOスタートストップ機能が連動して変化する。

また、C63 Sには「RACE」モードが追加され、サーキットでの停止状態から最適な加速を可能にする。

(5)デザイン

C63のフロントエクステリアは、通常のCクラスに比べ左右それぞれ15mm張り出したフェンダー、60mm延長したフロントオーバーハングと、ボンネットのパワードームが力強いプロポーションを生み出している。また、エンジンの冷却のため開口部を大きく拡大したフロントバンパーの「Aウィング」とエアインテークがダイナミックな印象を与える。

リアエンドは、エグゾーストエンドをディフューザーと一体化させることで、ボディ下部の空気の流れを整えエアロダイナミクスを向上させた。セダンにはトランクリッドスポイラーリップを、ステーションワゴンにはルーフスポイラーを備えることにより、リアにかかるダウンフォースを増加させロードホールディング性を高めている。

インテリアも同様で、ステアリングは、グリップ部に吸湿性に優れたDINAMICA素材を採用することで、激しいスポーツ走行でも優れた操作性を発揮します。また、シートはサイドサポートを張り出し乗員のホールド性を高めたAMGスポーツシートを採用した。

この他にも、AMGパラメーターステアリングや3ステージESP、AMG強化ブレーキシステムなど、AMGならではの機能が装備されている。

C63 セダン

AMG(エーエムジー)

「モータースポーツこそが技術力の優秀性を何よりも端的に示す」という確固たる信念に基づき、1967年に誕生。その名は、創立者のハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(Aufrecht)、パートナーのエバハルト・メルヒャー(Melcher)、アウフレヒトの出生地グローザスパッハ(Grossaspach)の頭文字から取られている。

当初はメルセデス・ベンツの市販車をベースに独自の改良を施したレーシングマシンを製造し、数々のレースにおいて輝かしい成績をおさめてきた。1988年からはメルセデス・ベンツと本格的なパートナーシップを組み、中核となるモータースポーツ活動を通して培ったレーシングカーテクノロジーとメルセデス・ベンツの最先端技術を結集し、メルセデスのハイパフォーマンスモデルの開発とエンジンの生産を行っている。

メルセデス・ベンツ Cクラス 関連ページ

AMG Cクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Cクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円