autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トミーカイラZZ、電子楽器メーカー“ローランド”の技術を応用した「疑似走行音」を搭載

自動車ニュース 2015/5/25 18:23

トミーカイラZZ、電子楽器メーカー“ローランド”の技術を応用した「疑似走行音」を搭載

電子楽器メーカーのローランドと日本初の量産EVスポーツカーを開発したGLMは、近未来的な走行音で、運転状況に応じてさまざまに変化する電気自動車向けのサウンド・システムを共同開発し、国産初の量産EVスポーツカー「Tommykaira ZZ」のオプションとして、GLMより2015年秋に販売開始すると発表した。

Tommykaira(トミーカイラ) ZZ

自動車の運転に対する環境への配慮が高まる中、今後EVの需要は大幅に増加するといわれており、自動車メーカーから発売されるEVのモデル数や出荷台数は着実に増えつつある。

しかしながら、EVの走行音はモーター駆動で高い静穏性が長所とされる反面、エンジンから発せられる排気音がないため、スポーツカーなどで走りを楽しむドライバーにとっては物足りないという声も多かった。

今回、日本初の量産EVスポーツカーを開発した“GLM”と電子楽器メーカー“ローランド”が、「EVスポーツカー・サウンド・プロジェクト」でコラボレートし、ローランドが創業以来培ってきたシンセサイザー技術を応用することにより、加速や減速、坂道におけるモーターへの負荷など、走行状況に応じて滑らかかつダイナミックに変化する走行音を楽しむことができるようなサウンドシステムが開発された。

主な特長

ローランドが提供するEV車載用サウンド・システム

走行状況に応じてオンタイムで変化する近未来的なサウンドを再生

車載ネットワークから得られる、車速やアクセルの踏み込み量、動力系への負荷といった車両の状況をリアルタイムで検知し、ローランド最先端のシンセサイザー技術を応用して近未来的でアクティブなサウンドを合成、車内ステレオ・スピーカーから大迫力で再生する。滑らかでダイナミックに変化するサウンドとアクセル操作と連動したレスポンスにより、EVを運転する楽しみが大きく広がる。

お好みにあわせたサウンドタイプを選ぶことが可能

スポーツカーや高級車にふさわしく、上品で高級感のあるサウンドタイプを数種類用意。ドライブシーンや運転者の好みによって選択することが可能。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!