autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 「おもいやりライト運動」2015年始動“早めのヘッドライト点灯で夕方の交通事故を減らそう!”

自動車ニュース 2015/4/30 10:06

「おもいやりライト運動」2015年始動“早めのヘッドライト点灯で夕方の交通事故を減らそう!”

おもいやりライト運動事務局は、交通事故削減を目指し、夕暮れ時のヘッドライト早期点灯の呼び掛けや「見えやすさ・見られやすさ」を認識してもらう事を目的とした情報発信を、年間を通し継続的に行っている。

同事務局は、多くの人々とつながって巻き込み、共感や賛同を得て一緒に活動を広めて行くソーシャルアクションを全国で展開。2015年は、交通安全業界(交通安全に関する研究機関や大学等の専門家、交通安全に取り組む自治体や地域組織、企業や団体)をはじめ、モータージャーナリストの方々やコアドライバー(交通安全の意識が高いドライバーやクルマファンなど)に情報を伝えたり、直接会って一緒に活動する事で、さらに多くの方々へ認知を広げて行く施策を積極的に仕掛けて行く。

5月12日(火)19時より、みなとみらいBUKATSUDOにて「ゆうがたカフェ」を開催!

おもいやりライト運動2015年度の活動方針を発表するキックオフイベントとして、「ゆうがたカフェ」を、みなとみらいランドマークプラザにあるBUKATSUDOにて開催する。「ゆうがたカフェ」は今後も異業種交流会として設定し、北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専攻講師・川守田拓志氏とのコラボレーション企画についての話し合いの場などを作っていく予定。

開催日時:5月12日(火)/19時~21時 ※18時30分より受付開始

開催場所:BUKATSUDO(西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザB1F)

定員:50名程度

参加料金:無料、1ドリンク+フード

申込み:facebookページより参加ボタンをクリック、または事務局へメール。

※当日参加も可、サムシングイエロー(黄色いアイテム)を身につけて参加。

※facebookページhttps://www.facebook.com/events/493511157464351/

※参加条件なし。

平成27年春の全国交通安全運動の取り組み

交通事故が多発する時間帯は、16時~18時の間とされている。おもいやりライトタイムの、日の入り30分前となる夕暮れ時は、ドライバーにとって歩行者が見えづらく、歩行者にとってもクルマの接近に気づけない時間帯である。道路を共有する他者同士が、相手におもいやりの気持ちを持って接する事ができれば、きっと交通事故は減らせるはずという考えのもと「見るためだけでなく、見られるための光」となるよう、ヘッドライトを早めに点灯して周囲にしっかりと存在を知らしめる事を、同事務局は継続的に呼びかけている。

おもいやりライト運動事務局について

2010年秋よりスタートさせたこの活動は、2015年4月現在80社を超える企業・団体・個人の方々が賛同パートナーとして集い、全国的に「おもいやりライト運動」の賛同の輪輪が拡がっている。

※日産自動車は、ハローセーフティキャンペーンの一環として、市民と一緒に「おもいやり ライト運動」に取り組む事で活動を推進している。

おもいやりライトつけます宣言http://www.omoiyari-light.com/ACTIVITY/

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!