autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース BMW「M4クーペ」圧倒的パワー【ピックアップ!カーソムリエレポート】

自動車ニュース 2015/4/20 11:34

BMW「M4クーペ」圧倒的パワー【ピックアップ!カーソムリエレポート】

【カーソムリエレポートって何?】

カーソムリエ検定に合格した『カーソムリエ』が、話題のクルマを実際に試乗して書いたレポート。それがカーソムリエレポートです。

本日はBMW「M4クーペ」をピックアップしてお届けいたします!

▼圧倒的パワー(カーソムリエ S-Racingさん)

▼クーペボディのM3こそがM3の正統(カーソムリエ kazuさん)

★★BMW「M4クーペ」の他の試乗レポートはコチラ ★★

BMW「M4クーペ」

BMWの4シリーズクーペをベースに開発された高性能モデル。先代型のM3クーペはV型8気筒の4リッターエンジンを搭載したが、現行型は直列6気筒3リッターのツインターボに変更されている。足まわりは、アダプティブMサスペンションを装着。ショックアブソーバーは電子制御式で、コンフォート/スポーツ/スポーツプラスから選択可能。衝突回避の支援機能では、ドライビングアシストが用意されている。

圧倒的パワー(カーソムリエ S-Racingさん)

BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]
BMW 新型 M4クーペBMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]

総合評価:4.2/5.0

外観デザイン:4.4/5.0

インテリア:4.0/5.0

走りやすさ:4.7/5.0

-オススメポイント-

左ハンドルMT車の試乗でした。とにかくエンジンのパワーがものすごく、アクセルを吹かすことなしにクラッチを荒めにつないでもノッキングやエンストすることなく、まるでAT車の如く走り出してくれます。

また坂道発進の際、サイドブレーキを引かなくても後退しない機能も便利でした。とりわけ、比較的重いギアでの低燃費運転から、変速操作なしにそのままアクセルを踏み込んでもシートに押し付けられるほどの加速が印象的でした。

ただエンジンが強いだけではなく、足回りが非常にしっかりしており電子制御も優れているため、スポーツ走行入門者からベテランまで安全に楽しく走れる車だと思います。

CMの通りに、まさにサーキットから日常の町乗りまで、どのようなシチュエーションでも楽しめる車です。

-乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?-

同じ。

-不満点-

特にありませんでした。強いて言うとすれば、内装が3シリーズや4シリーズと大差ない点。

-運転後の感想について-

こんな素敵なクルマをいつかは所有したいものです・・・

BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]
BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]

クーペボディのM3こそがM3の正統(カーソムリエ kazuさん)

BMW 新型 M4クーペ
BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]BMW 新型 M4クーペ[ボディカラー:オースチン・イエロー]

総合評価:4.0/5.0

外観デザイン:4.6/5.0

インテリア:3.9/5.0

走りやすさ:4.0/5.0

-オススメポイント-

従来3シリーズにはセダンとクーペの2つのモデルがあったが、そのうちクーペモデルが独立して4シリーズに格上げされた。歴代のM3は基本クーペだったわけで、M3=クーペボディのイメージが強い人には現行M3よりこのM4を好むかもしれない。

超高性能スペシャルモデルだけに、エンジンスペックは凄まじい。搭載される直列6気筒ターボエンジンは、431ps、56.1kg・mの怒涛のハイパワーを発生する。車両重量1640㎏でこのパワーだから、速くないわけがない。というか恐ろしく速い。限界性能の高さとか、そういう次元の話は、もう自分の力量の及ばない世界だからわからないが、街中を普通に走っているだけでもその上質さと底の見えないポテンシャルの高さは感じ取れる。アクセルを深めに踏もうものなら、猛烈な加速で瞬時に高速域に達する。

そしてパワー以上に感心したのが、ボディやステアリングや足回りなど各部の剛性の高さ、そしてブレーキング性能。これはもう、この手の車の中では最良と言ってもいいくらい素晴らしいと思う。

まったく同じエンジンを積むM3がいいのか、M4がいいのか大いに迷うけれど、この完成度の高い美しいクーペボディは正直捨てがたい。歴代のM3が基本クーペだったことを考えると、なおさらM4を選びたくなる。

-乗る前と乗った後、クルマのイメージは同じでしたか?-

同じ。

-不満点-

不満な点はない。

-運転後の感想について-

この車そのものにはまったく不満はないし、本当に凄い車だなあと感心した。それはいいとして、最近のBMWの「M」乱発はいかがなものかと思ってしまう。

「M」は、私の感覚ではすごく特別なもので、ラインナップの最上級に位置するとかそんなレベルではなく、完全に「別格」の超高性能モンスターマシンというポジションにいる。実際そうなのだろう。

ところが、最近のBMWは、あらゆるシリーズに「M」モデルを用意している。ここまで「M」を乱発されてしまっては、「M」を安売りしているように思えてならない。例えばM4クーペはいいとして、M4カブリオレはやりすぎだろう。ラグジュアリーなオープンエアに、レースカーのような存在であるはずの「M]モデルを設定するとなると、今まで作り上げてきた「M」のコンセプト、存在意義、価値がよくわからなくなる。X5Mなどもなんだか意味がわからない。M3とM4についても、単にボディが違うだけでエンジンやドライブトレーンはまったく一緒なわけだし、もうそれだけでMの特別感、希少性は薄らいでしまう。

自分が「M」を特別視しすぎてるだけなのかもしれないが、こう乱発されてしまうと、「M」も量産体制の中にあるモデルの一つという感じがして、それが残念でならない。

BMW 新型 M4クーペBMW 新型 M4クーペBMW 新型 M4クーペBMW 新型 M4クーペBMW 新型 M4クーペ
BMW 新型 M4クーペBMW 新型 M4クーペBMW 新型 M4クーペBMW 新型 M4クーペBMW 新型 M4クーペ

あなたもカーソムリエになりませんか?

★★どなたでもカーソムリエになれます★★

会員登録のうえ、「カーソムリエ検定」に合格すれば、「カーソムリエ」の資格が認定されます。カーソムリエ検定は、自動車に関する様々な知識を問うクイズ形式の検定試験です。お使いのスマートフォンもしくはパソコンから、1回5~10分程度で受検することができ、何度でも挑戦できます。

 我こそはカーソムリエにという方は、コチラ まで。

レポート1投稿につき、“もれなく”Amazonギフト「500円」分をプレゼント!複数車種のレポート投稿もOKなので、Amazonギフトを沢山貰えるチャンス!

※ 詳細についてはコチラ よりご確認下さい。

BMW M4クーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW M4クーペ の関連記事

BMW M4クーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW M4クーペ の関連記事をもっと見る

BMW M4クーペ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21