autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ、新規登録台数が過去最高記録を更新

自動車ニュース 2015/4/6 14:34

メルセデス・ベンツ、新規登録台数が過去最高記録を更新

前年比5.6%増を達成し、純輸入車及びプレミアムブランドでNo.1を獲得

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツの2015年第1四半期の新規登録台数(日本自動車輸入組合による)を発表した。前年比5.6%増の1万8,824台(2014年:1万7,831台)となり、消費増税直前の昨年同期を上回り、3月単月と併せ過去最高を更新。ともに国内で販売されている純輸入車及びプレミアムブランドとして首位を獲得した。

また、2014年4月~2015年3月の新規登録台数は6万1,827台となり、2年連続で過去最高記録を更新している。

特にCクラス(セダン/ステーションワゴン)が好調で(前年比120.8%増)、昨年発表した新型が販売を牽引した。また、F1の技術を活かしたプラグインハイブリッドモデルや最高級モデル「メルセデス・マイバッハ」を追加したSクラス、年初に新型Bクラスを加えた新世代コンパクトモデル群(Aクラス/Bクラス/CLAクラス/GLAクラス)、輸入車最多レベルの5車種を揃えるSUV等、商品構成を充実させ、魅力的な価格と装備で多くのユーザーから支持を得た。さらに、総合的な安全運転支援システム「レーダーセーフティ」が、自動運転が普及する未来を先取りする画期的な機能として業界内外より高く評価され、好調な販売を後押しする形となった。

第2四半期以降も商品攻勢は続き、3月末にはメルセデス・ベンツとして日本で初めて2.2リッター4気筒 クリーンディーゼルエンジン(BlueTEC )搭載モデルをEクラスとCLSクラスに設定し、これによりクリーンディーゼル車は11モデルとなった。今後もクリーンディーゼルをはじめ新世代のガソリンエンジンなど、燃費効率が高くCO2削減に寄与する最新パワートレイン搭載モデルを続々と導入していく。また、スポーツカーやコンパクトモデルなどで革新的な新型車の投入も予定しているとのこと。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ の関連記事

メルセデス・ベンツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円