autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スーパーGT開幕戦、GT300クラスはトヨタ「プリウス」がぶっちぎり優勝!

自動車ニュース 2015/4/6 16:36

スーパーGT開幕戦、GT300クラスはトヨタ「プリウス」がぶっちぎり優勝!

レクサス・トヨタ/スーパーGT2015 開幕戦 岡山国際サーキット
レクサス・トヨタ/スーパーGT2015 開幕戦 岡山国際サーキットレクサス・トヨタ/スーパーGT2015 開幕戦 岡山国際サーキット

スーパーGT2015年シーズンが、4月4日(予選)、4月5日(決勝)岡山国際サーキットにて開幕した。

GT300クラスは、5番手スタートの嵯峨宏紀/中山雄一組『TOYOTA PRIUS apr GT 31号車』が序盤から首位に立つと独走状態に。3位以下を周回遅れにする圧勝で約2年ぶり、プリウスにとって2度目の勝利となった。“GT500クラスでは『レクサス・KeePer TOM’S RC F 37号車』が優勝し、今季初のフル参戦となる平川亮が初優勝を飾った”が、GT300クラスでも『TOYOTA PRIUS apr GT 31号車』の中山がGT初勝利となった。

GT300クラスには、トヨタのハイブリッド技術を投入し、4年目となるTOYOTA PRIUS apr GT 31号車が嵯峨宏紀と中山雄一のコンビで参戦。加えて、国際レース規格のGT3規則がベースとなるLEXUS RC F GT3がSYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車として飯田章/吉本大樹のコンビで参戦しこちらも注目が集まった。

31号車プリウスに雨が味方し、2位に42秒もの大差をつけ開幕戦優勝!

レクサス・トヨタ/スーパーGT2015 開幕戦 岡山国際サーキット

GT300クラスは、5番手からスタートを切った嵯峨のドライブするプリウス31号車が1周目から果敢に前走車を攻め、2周目には2位、3周目には首位に浮上すると、なおもペースを緩めず周回毎に後続との差を広げていった。

44周目終了時にピットインし、嵯峨から中山へとドライバー交代。全車がピットを終えた時点で、再び2位に20秒以上の差をつけ独走を続けた。雨が止み、路面状況が向上したタイミングでやや差を詰められることもあったが、首位の座を脅かされるまでには至らず、雨脚が強まったレース終盤には、更にペースを上げ快走。最後は2位に42秒もの大差、3位以下を周回遅れとする圧倒的な速さで、今季開幕戦を制した。

嵯峨とプリウスにとっては、2013年第2戦富士での初勝利以来、約2年ぶりの2勝目。今季よりフル参戦となった中山にとってスーパーGTでの初勝利を飾ることとなった。

今大会デビューを飾ったLEXUS RC F GT3 60号車は、開発中車両のデビュー戦ながら20番手スタートから着実に周回を重ね、10位でフィニッシュ。デビュー戦でポイント獲得を果たした。

レクサス・トヨタ/スーパーGT2015 開幕戦 岡山国際サーキットレクサス・トヨタ/スーパーGT2015 開幕戦 岡山国際サーキットレクサス・トヨタ/スーパーGT2015 開幕戦 岡山国際サーキットレクサス・トヨタ/スーパーGT2015 開幕戦 岡山国際サーキットレクサス・トヨタ/スーパーGT2015 開幕戦 岡山国際サーキット

表彰台獲得ドライバーコメント

【優勝】TOYOTA PRIUS apr GT 31号車

▼嵯峨宏紀

「予選でタイヤの使い方を失敗してしまったのだが、今日の決勝についてはタイヤのパフォーマンスが良かったので、序盤から攻めてかなりマージンを作ることができ完璧だった。次戦は、WECに参戦する為欠場する。40キロハンデの置き土産があるが、佐々木選手に託したいと思う。佐々木選手には、今回も助言していただいた。佐々木選手は乗れば速いのは間違いないので、このままポイントを重ねていってチャンピオンを獲得したい。」

▼中山雄一

「昨日は初めてGTの予選アタックを担当したが、クリアラップを取れて良いタイムが出た。決勝は、先に走った嵯峨選手が約20秒のマージンを築いてくれた。雨量の多いコンディションを望んでコースに出たが、降り始め、無線で金曽監督に勇気づけられるようなコメントをもらいながら走った。最後には、40秒近くのリードを保ってチェッカーを受けることが出来て良かった。次回は40kgのハンデを背負うことになるので状況は変わるだろうが、オフシーズンには嵯峨選手、佐々木選手と共にテストでクルマを仕上げているし、クルマもどんどん良くなって来ているので、次戦以降もチーム全員で頑張る。」

レクサス・トヨタ/スーパーGT2015 開幕戦 岡山国際サーキット

第1戦 リザルト GT300

(1)TOYOTA PRIUS apr GT (嵯峨 宏紀/中山 雄一)

(2)ARTA CR-Z GT (高木 真一/小林 崇志)

(3)Audi R8 LMS ultra (リチャード・ライアン/藤井 誠暢)

(4)Racing Tech Audi R8 (クリスチャン・マメロウ/細川 慎弥)

(5)グッドスマイル 初音ミク SLS (谷口 信輝/片岡 龍也)

(6)VivaC 86 MC (土屋 武士/松井 孝允)

(7)GAINER TANAX GT-R (アンドレ・クート/千代 勝正)

(8)B-MAX NDDP GT-R (星野 一樹/高星 明誠)

(9)JMS LMcorsa Z4 (新田 守男/脇阪 薫一)

(10)SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 (飯田 章/吉本 大樹)

(11)KSF Direction Ferrari 458 (横溝 直輝/峰尾 恭輔)

(12)GAINER TANAX SLS (平中 克幸/ビヨン・ビルドハイム)

(13)NetMove GT-R (小泉 洋史/岩崎 祐貴)

(14)Excellence Porsche (A.インペラトーリ/山下 健太)

(15)DIJON Racing GT-R (高森 博士/田中 勝輝)

(16)シンティアム・アップル・ロータス (高橋 一穂/加藤 寛規)

(17)SUBARU BRZ R&D SPORT (井口 卓人/山内 英輝)

(18)SKT EXE SLS (加納 政樹/安岡 秀徒)

(19)UPGARAGE BANDOH 86 (中山 友貴/井出 有治)

(20)クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3 (青木 孝行/山西 康司)

(21)Rn-SPORTS GAINER SLS (植田 正幸/鶴田 和弥)

(22)LEON SLS (黒澤 治樹/蒲生 尚弥)

(23)PACIFIC マクラーレン with μ’s ’s (白坂 卓也/東 徹次郎)

(24)RUNUP Group&DOES GT-R (吉田 広樹/田中 篤)

(―)マネパ ランボルギーニ GT3 (織戸 学/平峰 一貴)

(―)マッハ車検 with いらこん 86c-west (玉中 哲二/密山 祥吾)

(―)Studie BMW Z4 (ヨルグ・ミューラー/荒 聖治)

トヨタ プリウス 関連ページ

レクサス RC F 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18