autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース BMW、コンパクトオープンモデル新型「2シリーズ カブリオレ」を発売

自動車ニュース 2015/3/25 15:24

BMW、コンパクトオープンモデル新型「2シリーズ カブリオレ」を発売

BMW  新型 2シリーズ カブリオレ

BMWは、コンパクトオープンモデル新型「2シリーズ カブリオレ」を4月11日(土)より発売開始する。

新型2シリーズ カブリオレは、これまでに世界で13万台以上を販売した「1シリーズ カブリオレ」の後継モデルとして導入される。新型2シリーズ カブリオレは、取り回しの良いコンパクトなボディに、BMWらしいスポーティなプロポーションを融合したエレガントで美しいスタイリングが特徴である。また、クラス最大のラゲッジルーム容量(電動ソフトトップを閉めた状態:335L)や優れた居住性を持つリアシートなど、日常使いにおける高い実用性も備えた4シーターオープンモデルである。

ドライビングダイナミクスにおいては、セグメント唯一の後輪駆動コンセプトや、約50:50の理想的な前後重量配分により、スポーティで俊敏なハンドリング性能を実現。また、走行中でも時速50km/h以下であれば、ボタン操作一つで僅か20秒で開閉可能な電動ソフトトップを備え、ルーフを開ければBMWならではの「駆けぬける歓び」を爽快なオープンエアドライビングで堪能することができる。

装備面では、人間工学に基づき最適な運転環境を実現した「iDriveナビゲーションシステム」、歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車載の通信モジュールを利用し乗員の安全と車両の状態を見守る「BMW SOSコール」、「BMWテレサービス」など、利便性と安全性に優れた数々の機能を標準装備する。

BMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレ
BMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレ

価格

220iカブリオレ Sport:525万円(消費税込)

220iカブリオレ Luxury:544万円(消費税込)

220iカブリオレ M Sport:566万円(消費税込)

BMW  新型 2シリーズ カブリオレ

取り回しの良いコンパクトなボディに、スポーティな美しいプロポーションを融合した、エレガントで美しいオープンカー

◇電動ソフトトップを開けると、エンジンフードからトランクリッドまで繋がるショルダーラインがキャビンの周囲にフラットな面を形成して、モーターボートのデッキのようなエレガントな印象を与えるとともに、エクステリアとインテリアに一体感が感じられる美しいデザインとしている

◇フロントでは、立体的なデザインのキドニーグリル、そして、そのキドニーグリルに流れ込むようにデザインされたボンネット上のプレスライン、シャープで精悍な丸型4灯ヘッドライトのデザインが、力強くスタイリッシュなフロントフェイスを形成。また、路面との強いつながりを強調するフロントエプロンのデザインと、そのフロントエプロンの左右に配置された大型エアインテークが高いスポーツ性を強調している

◇サイドビューは、BMWならではのショートオーバーハング、ロングホイールベース、ロングエンジンフード、後方に配置されたキャビンに加え、エンジンフードからトランクリッドに流れるフラットなショルダーラインが、エレガントで伸びやかな美しいプロポーションを形成。また、電動ソフトトップを開けると、Bピラーのないスポーティなルーフラインを形成し、よりダイナミックなサイドビューを主張する

◇リアデザインでは、ワイドなデザインのL字型リアコンビネーションライトが、リアスカートに流れる水平方向のボディラインとともに、幅広いトレッドを強調

BMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレBMW  新型 2シリーズ カブリオレ

スポーティなデザインと優れた機能性を併せ持つインテリア

◇複数のラインやサーフェスを重ねて空間を分割するレイヤリングという手法により、空間の広がりを強調するとともに、モダンでスタイリッシュな雰囲気を強調

◇センターコンソールはドライバーに向けて僅かに角度がつけられ、全ての重要な操作系がドライバーの手の届く範囲に配置されたドライバーオリエンテッドなコックピット

◇iDriveナビゲーションシステムを標準装備。視認性に優れた8インチの高解像度ワイドコントロールディスプレイ、指による文字入力や、地図の拡大/縮小が可能なタッチパッド付きiDriveコントローラーを採用

◇後席への乗降スペース(足元)は、先代1シリーズ カブリオレから11mm拡大し、さらに、ボタン操作一つでフロントシートが自動的に前方へスライドするコンフォートエントリー機能により、容易に後席へ乗り降りが可能

◇ダコタレザーシート*には、シート表面の温度上昇を防ぐサンリフレクティブテクノロジーを採用し、日差しの強い天候においても快適なオープンエアドライビングが堪能できる

*BMW 220iカブリオレLuxuryおよびM Sportに標準装備(Sportにオプション設定)

BMW  新型 2シリーズ カブリオレ

快適性と実用性に優れたフルオートマチックソフトトップ

◇走行速度50km/h以下であれば、ボタン操作一つで僅か20秒でソフトトップの開閉が可能

◇吸音性に優れたソフトトップの採用により、遮音性を大幅に向上(先代1シリーズ カブリオレに比べ、室内騒音を半減)

◇ソフトトップを閉じた状態でのトランクルーム容量は、先代1シリーズ カブリオレに比べ、30L拡大し335Lを実現(ソフトトップを開けた状態:20L拡大し280L)。トランクの開口部の幅は、先代1シリーズ カブリオレから35mm拡大

◇高さ246mm、幅450mmの大きな開口部を持つスルーローディングシステム(可倒式リアシート)をオプションで設定可能

BMW  新型 2シリーズ カブリオレ

スポーティで俊敏なハンドリング性能の実現

◇セグメント唯一の後輪駆動コンセプト、約50:50の理想的な前後重量配分に加え、先代1シリーズ カブリオレに比べ拡大された前後トレッドにより、スポーティで俊敏なハンドリング性能とともに、卓越したロードホールディング性能を実現

◇インテリジェントライトウェイトテクノロジーにより、1シリーズ カブリオレに比べ、ボディのねじり剛性を約20%向上し優れた運動性能とハンドリング特性を実現

◇1シリーズ カブリオレからのロングホイールベース化とワイドトレッド化に加え、50cm以下の車両重心位置(電動ソフトトップを開けた状態)により、卓越したドライビングダイナミクスを実現

BMW  新型 2シリーズ カブリオレ

BMW EfficientDynamicの設計思想による優れた環境性能と高い動力性能の両立

◇新型220iカブリオレは、ツインスクロールターボチャージャー、高精度ダイレクトインジェクションシステム、バルブトロニックの採用により、卓越したパワーと高い環境性能を両立する2リッター直列4気筒BMWツインパワーターボエンジンを搭載。最高出力135kW(184ps)/5,000rpm、および、最大トルク270Nm(27.5kgm)/1,250 -4,500rpmを発生

◇エンジン本体の高い環境性能に加え、セグメント唯一の高効率な8速スポーツオートマチックトランスミッション、無駄な燃料消費を抑制するエンジンオートスタート/ストップ機能や、燃費の良い走りをサポートするECO PROモード、空気抵抗の低減に貢献するエアカーテンなど、「よりクリーンに、よりパワーを。BMW EfficientDynamics(エフィシェントダイナミクス)」の設計思想に基づいた数々のテクノロジーを採用

・ドライビングパフォーマンスコントロールのECO PROモードに「コースティング機能」を採用:高速走行中にアクセルを離すと、トランスミッションとエンジンを自動的に切り離し、惰性走行を行うことより、燃費のさらなる向上に貢献

・空気抵抗の低減に貢献する「エアカーテン」を採用:フロント・エプロン両端のエアインテークから取り込まれた空気を、高速でフロントホイールアーチへと放出。これにより作り出される空気の流れによって、フロントホイールの側面をカーテンのように覆い、ホイールおよびホイールアーチ周辺の乱気流を抑え、空気抵抗を低減

・新型2シリーズ カブリオレは、モデルに応じて最小31の空気抵抗係数(Cd値)を実現し、クラス最高レベルの空力性能を実現している

◇これら数々の先進技術の採用により、ダイナミックな走りを提供しながらも、燃料消費率(JC08モード)15.

8km/Lの低燃費を実現している。 結果、「平成27年度燃費基準+10%」および「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成、新エコカー減税の対象モデルの認定を受け、 自動車取得税が40%減税、重量税が75%減税される。さらに、グリーン化税制により翌年自動車税が50%減税される

BMW  新型 2シリーズ カブリオレ

優れた安全性や利便性を提供する標準装備品

◇カメラにより前方の監視を行い安全なドライビングに貢献する「ドライビングアシスト」を全車標準装備。ドライビングアシストは、以下3つの機能を備える

(1)レーンディパーチャーウォーニング: 車線の逸脱をドライバーに警告する

(2)前車接近警告機能: 衝突の危険性が高まった際にドライバーに警告を発する

(3)衝突回避・被害軽減ブレーキ:追突が不可避な場合に、ブレーキをかけ衝突を回避・被害の軽減を図る。また、歩行者検知機能の採用により、歩行者への接近に対しても、ドライバーへの警告と衝突回避・被害軽減ブレーキを作動させる

◇車載の通信モジュールを利用し、乗員の安全と車両の状態を見守ることで、ドライビングに更なる安心感を与える「BMW SOSコール」および「BMWテレサービス」を標準装備

・BMW SOSコール:エアバッグが展開するような深刻な事故が発生した際、車両から自動的にSOSコールセンターに接続。コールセンターへの音声接続と共に、車両情報をはじめ、車両の位置情報や衝突状況、エアバッグの展開状況、といった情報もデータとして同時に送信されるため、ドライバーが事故の衝撃で意識を失っている場合でも、的確かつスピーディーな救急対応が可能となる

・BMWテレサービス:車両が自動的に車両のメインテナンスやバッテリー電圧の低下といった情報を担当のBMW正規ディーラーに通知するサービスで、担当ディーラーからのタイムリーな連絡により、適切なメインテナンスを最適な時期に実施することが可能となる

◇機能面では、駐車時の軽快なハンドル操作をサポートするサーボトロニック、キー操作なしでドアのロック/ロック解除が可能なコンフォートアクセスなど、日々のドライブを快適に愉しむ機能を標準装備

◇ITSスポット(DSRC)対応機能付きのETC車載機システムを標準装備:道路に設置された「ITSスポット」との高速・大容量通信により、広範囲の渋滞データが利用可能なため、標準装備の「iDriveナビゲーションシステム」の「ダイナミックルートガイダンス(渋滞データで賢くルート選択する機能)」の精度をさらに向上している。また、簡易図形や静止画像により、落下物や渋滞喚起情報などの注意喚起情報の受信も可能になる

BMW  新型 2シリーズ カブリオレ

BMW 2シリーズクーペ 関連ページ

BMW 1シリーズカブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 2シリーズクーペ の関連記事

BMW 2シリーズクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 2シリーズクーペ の関連記事をもっと見る

BMW 2シリーズクーペ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19