autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース パナソニック、「美優Navi」専用ドライブレコーダーを発売

自動車ニュース 2015/3/25 18:29

パナソニック、「美優Navi」専用ドライブレコーダーを発売

パナソニック株式会社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(以下、パナソニック)は、昨年秋に発売したストラーダ「美優Navi」シリーズ専用オプションとして、ドライブレコーダー「CA-DR01D」を2015年5月中旬に発売すると発表。

近年、交通事故発生時の検証や、ドライブ中の風景の撮影を目的として、ドライブレコーダーの需要が増加している。ドライブレコーダー「CA-DR01D」は、ストラーダ「美優Navi」と連携し、カーナビの画面でCA-DR01Dの設定・操作が簡単にできるだけでなく、録画した場所の地図と映像を同時にカーナビの画面に表示しながら確認ができる。

また、高感度レンズや高精細CMOSイメージセンサーの採用により、昼夜を問わず鮮明な録画が可能となったという。

特長

1.ストラーダ「美優 Navi」の画面で、録画した映像の確認や操作が簡単にできる

●録画映像と地図を2画面表示。地図で撮影場所を確認しながら映像再生が可能。

  ・録画した動画は、ストラーダ「美優Navi」で直接再生。その際、撮影した場所の地図も同時に表示しながら確認できる。

・撮影時の車速や加速度もグラフで表示。危険運転(急加速、急ブレーキ)の確認も可能。

●ドライブレコーダーの録画・再生操作や、録画設定がカーナビの画面で簡単にできる。

・再生項目:ファイル操作、再生・一時停止、早送り・巻き戻し、ファイル送り等 ・設定項目:画質選択、急加減速検知感度、音声録音オンオフ、急加減速時の警告音オンオフ等

・録画した動画はSDメモリーカードスロットを搭載したパソコンでも再生可能。

 2.業界最高レベル※1のF値1.6 の明るいレンズ等の採用で、昼でも夜でも鮮明に録画

●明るく・鮮明なハイビジョン撮影が可能な約92万画素の1/3型高精細CMOSイメージセンサーを搭載。

●強い光や逆光による白飛びや、暗い場所での黒潰れを補正し、視認性の高い映像を録画する「ワイドダイナミック レンジ」機能を搭載。ヘッドライトに照らされたナンバープレート等もはっきりと録画が可能。

※天候や走行等の条件によりナンバープレートが確認できない場合があります。

●毎秒28フレームの撮影により、一般のカメラでは撮影困難なLED式交通信号のカラー映像も鮮明に録画。

3.3つの録画モードで録画チャンスを逃さない。静止画撮影も可能

●エンジン始動に連動した「常時録画モード」により、車外で展開される景色も逃がさず撮影。

  ・付属の8GBmicroSDHCメモリーカードに高画質モードと標準モードで録画が可能。 高画質モード:画像サイズ1280×720(毎秒28フレーム)/最長録画時間 約128分 標準モード:画像サイズ 640×360(毎秒14フレーム)/最長録画時間 約925分 ※最大32GBのmicroSDHCカードで録画・保存が可能。

●まさかの衝突等の事故発生時の映像は、「イベント録画モード」で消去されにくい映像として録画・保存。

・Gセンサーが事故、急ブレーキや急加速に反応して前後3分間の映像を消去されにくい映像として自動保存。

●残したい場面もワンタッチで録画・停止が可能な「手動録画モード」。

・カーナビの画面上の録画開始・停止ボタンで、残したい場面を消去されない映像として保存が可能。

・静止画に設定変更することで、静止画撮影も可能。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!