autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 富士通テン、シートなど車両部品を透過したような映像表示画面を開発

自動車ニュース 2015/3/3 18:15

富士通テン、シートなど車両部品を透過したような映像表示画面を開発

富士通テン(株)は、車両の周囲360度の俯瞰映像をカーナビゲーションなどの画面に表示して周囲を確認できる製品「マルチアングルビジョン」に、車を外から見下ろした従来の表示モードに加え、ドライバーの視線で車体やシートなどの車両部品を透過したような表示で周囲を確認できる新たな画面モードを開発した。

これにより、障害物をより大きな表示で確認できるようになり、車を発進させる際の周囲の安全確認を一層サポートする。

なお、今回開発した新画面を用い、1月26日にトヨタ自動車株式会社から発表された新型「アルファード」「ヴェルファイア」のパノラミックビューモニターの「シースルービュー」機能を同社と共同で開発した。この機能は同車両に標準またはメーカーオプションで設定されている。

今後同社では、国内外の自動車メーカーへ新画面を含む「マルチアングルビジョン」の提案活動を強化し、より多くの車両に搭載していただくことで、車両の安全向上に貢献していきたいとしている。

「マルチアングルビジョン」について

「マルチアングルビジョン」は、車両の前後および左右ドアミラーの4カ所に取り付けたカメラで撮影した映像を合成して、車両周囲360度の立体的俯瞰映像と、3次元CGで描画した車両の画像をカーナビゲーションなどの画面に表示する。

安全運転をサポートする2010年当時の世界初の製品として、株式会社富士通研究所と共同開発。

カメラ映像を平面形状に画像変換して映像を貼り合わせ上空から車両周辺を見下ろすタイプの製品と異なり、本製品では周囲の風景を含めた立体的な俯瞰映像を生成して表示でき、さらに視点を変えることも可能となっている。

これまで、トヨタ自動車の販売店装着オプション「マルチアングル全周囲モニター」や、一部車両でメーカーオプション「パノラミックビューモニター」として採用されてきた。

開発した新画面の主な特長

駐車状態でスイッチを押すと、車両周囲の映像をカーナビゲーションなどの画面に表示。

映像をドライバー視線で車体を透過したような表示にすることで、これまでの車両上部から俯瞰する映像では確認しづらかった小さな物体を、より直感的に把握できる。

運転席からは容易に確認できない死角(車両コーナー付近や後方など)の、特に背の低い物体に気付きやすくなる。画面は360度自動で表示され、任意の場所で停止して確認することもできる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!