autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ヤマハ、20インチの電動アシスト自転車「PAS CITY-C/PAS CITY-X」を発売

自動車ニュース 2015/2/26 14:48

ヤマハ、20インチの電動アシスト自転車「PAS CITY-C/PAS CITY-X」を発売

次世代ドライブユニット搭載でさらに軽量化した20型小径モデル登場

ヤマハ PAS CITY-C

ヤマハは、軽量コンパクトな電動アシスト自転車「PAS(パス)」2015年モデル2機種を、4月10日より発売開始する。「PAS CITY-C」は乗り降りしやすくおしゃれなデザイン、「PAS CITY-X」はスポーティなデザイン性と走行性能を両立したプレミアムモデルとなっている。ともに取り回しがしやすいタイヤサイズ20型の小径モデルである。

「PAS CITY-C」・「PAS CITY-X」2015年モデルは、容積を約16%削減、重量を約20%軽量化した次世代ドライブユニットを搭載。アシスト走行モード「オートエコモードプラス」選択時のアシスト走行可能距離は約18%伸長している。また、「PAS CITY-X」は、次世代ドライブユニット搭載とパーツ等の変更により、PASシリーズ2015年モデル中で最軽量となる20.5kgを達成した。そして、ユニセックスで使える充実のカラーラインナップを設定している。

なお、ギアポジションに合わせてきめ細やかなアシスト制御を実現する同社独自の機構「S.P.E.C.3」やトリプルセンサーシステム、3ファンクションメーター(速度・残りアシスト走行可能距離・バッテリー残量表示)、暗くなると自動点灯するオートライト、短時間で充電が可能な充電器、3種類のリチウムイオンバッテリー(5.0Ah、8.7Ah、12.8Ah)の互換性など、従来から好評の特長はそのまま継承している。

価格は「PAS CITY-C」が109,620円(消費税込)、「PAS CITY-X」が112,860円(消費税込)。

ヤマハ PAS CITY-X

製品の主な特長

◇軽量でコンパクトな車体

“GREEN CORE(グリーンコア)”コンセプトに基づいて開発した小型軽量の次世代ドライブユニット搭載により、さらなる軽量化を実現。「PAS CITY-X」は車両重量が20.5kgと、PASシリーズ2015年モデルの中で最軽量を達成。

◇ペダル1回転で進む距離が26型並み

タイヤサイズが小さい20型モデルにも関わらず、ペダル1回転で進む距離(GD値)は26型並みのため、快適に走行することができる。

◇都会の街並みにも似合う、スタイリッシュなカラーバリエーション 

「PAS CITY-C」はシックでおしゃれなカラー、「PAS CITY-X」はスポーティでスマートなカラーを採用し、それぞれ個性豊かな4色で展開。2機種とも、男性も女性もスタイリッシュに使用できる充実のカラーラインナップ。

ヤマハ PAS CITY-Cヤマハ PAS CITY-Cヤマハ PAS CITY-Cヤマハ PAS CITY-Xヤマハ PAS CITY-X
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!