autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ジャガーのコンセプトモデル「C-X75」などが 映画「007」シリーズ最新作に登場

自動車ニュース 2015/2/17 10:47

ジャガーのコンセプトモデル「C-X75」などが 映画「007」シリーズ最新作に登場

最新作「スペクター」とのパートナーシップを発表

ジャガー・ランドローバー「レンジローバー・スポーツSVR」 コンセプト・モデル「C-X75」 「ランドローバー・ディフェンダー・ビッグフット」

ジャガー・ランドローバーは、ジェームズ・ボンド・シリーズ「007」の24作目となる「スペクター(原題:SPECTRE)」に、ジャガー・ランドローバーのスペシャルオペレーションズ部門が開発を担当する「ジャガー C-X75」、「ランドローバー レンジローバースポーツSVR」、「ランドローバー ディフェンダービッグフット」が登場することを発表した。

「C-X75」は、劇中で主人公のジェームズ・ボンド氏がハンドルを握るアストンマーティン「DB10」と、ローマの街を舞台に迫力のあるカーチェイスを繰り広げている。なお、「C-X75」は、英国オックスフォードシャー州にあるウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングと共同で開発・生産したモデル。

ランドローバー史上最速かつ最もパワフルな「レンジローバースポーツSVR」と、極めて高い能力を誇る「ディフェンダービッグフット」が登場するシーンは、既にオーストリアでの撮影を終えている。なお、両モデルとも大幅な改造を施しているが、「ディフェンダービッグフット」には、過酷な地形を走破できるよう37インチもの巨大なオフロードタイヤを装着したほか、特別なサスペンションや、ボディ保護を強化するための装備を採用するなど、撮影用のスペシャルモデルとなっている点も注目だ。

ジャガー・ランドローバーのスペシャル・オペレーションズ部門マネ-ジング・ディレクターのジョン・エドワーズ氏は、「ジャガー・ランドローバーにとって、『007』シリーズとのパートナーシップはエキサイティングなものであり、スペシャル・オペレーションズ部門の優れた能力を披露する機会といえます。」と述べている。

ジャガー・ランドローバーは、「007」シリーズに連続して車両を提供しており、直近では、2012年に公開された「スカイフォール(原題:SKYFALL)」のオープニングシーンで、フィールドエージェントのイヴ・マネーペニー氏がドライブした「ディフェンダー 110 ダブルキャブピックアップ」を提供している。

ランドローバー レンジローバースポーツ 関連ページ

ランドローバー ディフェンダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー の関連記事

ジャガーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー の関連記事をもっと見る

ジャガー の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • ジャガー
    XJ

    新車価格

    997万円2,052.6万円

  • ジャガー

    新車価格

    896万円1,815万円

  • ジャガー
    XF

    新車価格

    598万円1,105万円