autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 富士通テン、音声対話で検索できるアプリ「CarafL」をバージョンアップ

自動車ニュース 2015/2/17 10:14

富士通テン、音声対話で検索できるアプリ「CarafL」をバージョンアップ

CarafL

富士通テンは、「ECLIPSE(イクリプス)」カーナビゲーションシステムと連携して、音声対話でドライブをサポートするアプリケーション「CarafL(カラフル)」(無料)をバージョンアップした。これまでの自然な話し言葉で音声対話して施設などの検索やカーナビやオーディオの操作ができる機能に加え、個人の好みの施設を優先して案内するパーソナライズ機能などが追加されている。

同社では、「人」「クルマ」「社会」のデータをつなぎ合わせ、ユーザー一人ひとりに合わせた新たなモビリティライフを提供することをコンセプトとした「Future Link」に対応する製品やサービスの創出を推進している。CarafLも「Future Link」のひとつとして、カーナビとセンターをつなぎ自然な対話でリアルタイム情報が検索できるなど、単体のカーナビでは限られていた機能や情報の幅を広げて新たな価値を提供してきた。今回新たに、検索した情報にパーソナルなデータを関連付け、より使いやすく進化している。

CarafLとは

「CarafL:Car-centric life Assistive Friend Link」(無料)は、キャラクターの「はるか」と自然な話し言葉で音声対話して施設などの検索や、カーナビやオーディオを操作してドライブをサポートしてくれるアプリケーション。

CarafLをインストールしたスマートフォンでカーナビとセンターをつないで、施設を検索して目的地に設定することができる。発話した音声をセンターで解析することで、複数の言葉が含まれていても定型の単語を使わない話し言葉でも、意味を理解して検索する。検索の結果に対話形式で新たな条件を追加して、対象を絞り込むこともできる他、「空いている駐車場」といったリアルタイムな情報や、天気予報なども入手することができる。

今回追加した新機能の特長

CarafL

■パーソナライズ機能により検索結果をよく使う施設から優先案内

好みの「ガソリンスタンド」「コンビニエンスストア」「銀行」「自動車ディーラー(メーカー)」のブランドを登録しておくと、検索した際、よく使う施設から優先的に案内する。※検索結果に対象施設がある場合に限る

ブランドの登録は、ユーザー情報設定画面で入力するか、キャラクター「はるか」との日常会話の中で問いかけに答えることで設定できる。

CarafL

■わかりやすく、使いやすい画面デザインにリニューアル

トップ画面はよく利用するアイコン2つに限定し、他のアイコンは必要なときにサイドからスライドして表示するように変更した。背景のデザインも一新している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!