autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産GT-R、23年ぶりにバサーストで総合優勝!

自動車ニュース 2015/2/10 11:31

日産GT-R、23年ぶりにバサーストで総合優勝!

関連: 日産 GT-R
#35 NISSAN GT-R NISMO GT3(千代勝正/ウォルフガング・ライプ/フローリアン・ストラウス)

2月8日(日)にオーストラリア・バサーストで行われた「バサースト12時間レース」で、ニスモアスリートグローバルチームからエントリーした『#35 NISSAN GT-R NISMO GT3』(千代勝正/ウォルフガング・ライプ/フローリアン・ストラウス)が総合優勝を飾った。GT-Rがバサーストで優勝するのは1992年のR32スカイラインGT-R以来23年ぶり。

12時間レースは、まだ暗い早朝5時50分にスタートした。予選3位の好位置につけた#35 GT-Rは、スタートドライバーのライプ選手がロケットスタートを決め、2位でオープニングラップを周回。ライプはそのまま快調に2位のまま2スティントを完了しドライバーチェンジ。ストラウス選手にステアリングを委ね、彼も安定した走りで周回を重ね、114周目には全出走車両50台中の首位に立つことに成功。

その後、千代選手も力強い走りで他車のリードを許さなかったものの、バサースト12時間レースはアクシデントが多く、その度に追い越し不可のSCラップとなり、レースリーダーがめまぐるしく変わる展開となった。

レースが残り1時間となった午後4時50分の時点で、首位は#10ベントレー、直後に#15アウディが従い、10秒ほどの間隔を置いて二度目の担当周回を走る千代選手#35 GT-Rが3位につけていた。その後、登り区間でアクシデントが発生し30分近くもSCラップが続いた。そして、ゴール20分前にレースは再開するも、またしても1台が最終コーナーでスピンし、SCラップに。

残り時間わずか4分強の時点で、グリーンライトが点灯。その瞬間に3位の千代選手がドライブするGT-Rが猛ダッシュし、第一コーナーからマウンテンストレートで一気に前を走る2台を抜き去り、首位に躍り出た。その後は後続を寄せ付けることなく、トップでゴールした。

#35 NISSAN GT-R NISMO GT3(千代勝正/ウォルフガング・ライプ/フローリアン・ストラウス)

バサースト12時間レースが行われるマウントパノラマサーキットは、公道を封鎖してできる1周6.213kmの特設コース。マクフィラミーパークと呼ばれる公園内の山間路と生活道路を組み合わせたもので、アップダウンが激しくコース幅が狭いため、少しのミスでクルマにダメージを与えてしまうことで知られている。

12時間レースはこのコースを12時間走って速さを競うもので、今年はFIA GT3車両がメインの出場車両となった。「NISSAN GT-R NISMO GT3」のほか、「メルセデスSLS AMG」、「アウディR8-LMSウルトラ」、「ポルシェGT3R」、「ランボルギーニLP600」、「ベントレー・コンチネンタル」、「アストン・マーチン」など名だたる強豪が参戦した。合計269周約1671kmを走破し、優勝したGT-Rと3位のアウディまでの差はわずかに2.8秒であった。また、SC導入回数はこれまでで最多の合計20回となった。

千代勝正選手のコメント

「リスタートのことだけを考えて、最後のSCラップを走りました。レース再開の周は最終コーナーから力をためて、一気にフル加速したことが功を奏しました。2台をいっぺんに抜くことができたのは自分自身でも信じられないほどです。応援していただいた皆さん、徹夜でクルマを直してくれたチームに心から感謝します」と語り、

ウォルフガング・ライプ選手のコメント

「僕のスティントの時だけでないですが、とにかく追い越し禁止区間が多く、フラストレーションは溜まりましたが、最後に千代が力を振り絞って優勝を勝ち取ってくれました。本当に素晴らしいです」

フローリアン・ストラウス選手のコメント

「僕のスティントはブレーキが心配であまりプッシュできず、トップを取り返すことができなかったのが残念でした。しかし、今日ここに来られなかったアレックス(バンコム)と生まれたばかりの彼のベイビーに優勝をプレゼントできて嬉しいです」と締めくくった。

チーム代表 田中利和氏のコメント

「応援していただいたファンの皆さん、多くの関係者の方々にやっと優勝をお知らせすることができます。ありがとうございました。今日のレースは、SC(セーフティカー)ラップが幾度ともなく出る状況の中、チームは徹夜でクルマを修復したあとでも集中を切らすことなく、ドライバー、スタッフ一丸となって戦略通りレースを組み立てることができました。そして、最後の2ラップで5台がトップ争いをするという、他に類を見ない非常にエキサイティングな場面に遭遇しました。その中、千代が昨日のミスを挽回する素晴らしい走りでトップをもぎ取る劇的な形で優勝することができました。R32スカイラインGT-Rが1992年に当地バサーストで優勝しており、GT-Rは地元でも親しまれています。23年ぶりにここで勝って存在感を示せたことは、大変意義あることだと思います。本当にありがとうございました」

日産 GT-R 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 GT-R の関連記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22