autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ「N-BOXシリーズ」マイナーチェンジ ~発売以来初!エクステリアデザインを変更~

自動車ニュース 2015/2/5 11:26

ホンダ「N-BOXシリーズ」マイナーチェンジ ~発売以来初!エクステリアデザインを変更~

ホンダ N-BOX
ホンダ N-BOXカスタムリアシートのスライド機能

ホンダは、軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインが特徴の「N-BOX」シリーズをマイナーチェンジし、2月5日(木)より発売開始した。

2011年12月の発売以来、初めてエクステリアデザインを変更するとともに、リアシートのスライド機能を新たに設定するなど使い勝手を向上させ、さらに商品魅力の強化を図った。また、「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットガラス」や「ロールサンシェード(リアドア)」といった快適装備をタイプ別に設定した。

価格は、N-BOXが1,270,000円(消費税込)~、N-BOX カスタムが1,520,000円(消費税込)~、N-BOX Modulo-Xが1,830,000円(消費税込)~、N-BOX+が1,380,000円(消費税込)~、N-BOX+ カスタムが1,590,000円(消費税込)~、N-BOX+車いす仕様車が1,430,000円~としている。

主な変更内容

■エクステリア・インテリアデザイン

・ベースモデルはより親しみやすく上質に、カスタムモデルはより重厚感のあるエクステリアデザインに変更

・「N-BOXカスタム」と、「N-BOX+カスタム」のターボ車のインテリアに合皮コンビシートを採用し、さらに質感を向上

・カスタムモデルのターボ車に、LEDポジションランプとLEDフォグライトを標準設定

■使い勝手の向上

・スライド機能を新たに加えたホンダ独自の「チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート(5:5分割式、4段リクライニング付)」(N-BOXにメーカーオプション設定)

・ちょっとした小物やペットボトルが置け、買い物袋をかけられるコンビニフックが付いた「シートバックテーブル」(スライドリアシートとセットでのメーカーオプション設定)

■快適装備

・紫外線(UV)を約99%カットし、赤外線(IR)も抑える「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットガラス(フロントコーナー/フロントドア)」をタイプ別に設定

・日差しの眩しさをやわらげ、プライバシーの保護にも役立つ「ロールサンシェード(リアドア)」をタイプ別に設定

・ドアロックに連動してドアミラーを自動で格納する「オートリトラミラー」(メーカーオプション設定、カスタムモデルには標準設定)

■燃費性能

燃費を25.6km/L(JC08モード)に向上

■カラーバリエーション

プレミアムピンク・パール(ベースモデル)およびプレミアムベルベットパープル・パール(カスタムモデル)の2種類の新色を追加。2トーンカラースタイルに、ブラウンルーフ(ベースモデル)とシルバールーフ(カスタムモデル)を新たに設定した。

ホンダ N-BOX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-BOX の関連記事

ホンダ N-BOXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-BOX の関連記事をもっと見る

ホンダ N-BOX の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23