autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、2015年度中に“エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)”をほぼ全てのカテゴリーに搭載

自動車ニュース 2015/1/23 14:28

日産、2015年度中に“エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)”をほぼ全てのカテゴリーに搭載

関連: 日産
エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)/日産 新型(3代目)エクストレイル

日産は、「エマージェンシーブレーキ*1」(自動ブレーキ)の採用車種を拡大し、2015年度中に日本で発売している電気自動車、商用車を含むほぼ全てのカテゴリーに搭載を完了すると発表した。

「エマージェンシーブレーキ」は、日産のセーフティシールドコンセプトのもと開発し、現在「スカイライン」、「エクストレイル」、「セレナ」、「ノート」、「デイズ」、「デイズルークス」の6車種に既に搭載を完了している。また、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が実施する予防安全性能アセスメントの評価を受けた「スカイライン」、「エクストレイル」、「ノート」の3車種は、最高ランクであるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」に選定され、その安全性が高く評価されている。

日産は、2020年までに自動運転技術の段階的な実用化*2を目指しており、今回の「エマージェンシーブレーキ」の搭載車種拡大は、自動運転につながる要素技術である「カメラ認知技術」や「操作自動化技術」を活用し、これらの技術がもたらす安全性をより早くユーザーに届け、メリットを享受してもらうものである。

エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)/日産 新型(3代目)エクストレイル

また、これらの要素技術は「エマージェンシーブレーキ」だけではなく、「アラウンドビューモニター」、「インテリジェントパーキングアシスト」、「スマートルームミラー」にも取り入れており、こうした技術も今後積極的に搭載車種の拡大を図っていく考えとしている。日産は、クルマがドライバーをサポートすることで更なる交通事故低減をめざし、自動運転技術の早期の実用化並びに搭載拡大を積極的に進めていく。

※1:衝突の可能性が高いとシステムが判断した場合には、メーター内の警告灯とブザーでドライバーに衝突回避操作を促し、万一ドライバーが安全に減速できなかった場合、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減する。

※2:2016年末までに、高速道路上で安全な自動運転を可能にする「トラフィック・ジャム・パイロット」、2018年には危険回避や車線変更を自動的に行う、複数レーンでの自動運転技術を2020年までにドライバーの操作介入なしに、十字路や交差点を自動的に横断できる交差点での自動運転技術を導入する予定。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22