autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ、「911 タルガ 4 GTS」と「カイエン ターボS」をデトロイトショーでワールドプレミア

自動車ニュース 2015/01/13 14:23

ポルシェ、「911 タルガ 4 GTS」と「カイエン ターボS」をデトロイトショーでワールドプレミア

ポルシェAGは、米国・デトロイトで開催されている『北米国際オートショー2015』で、タルガの50周年を記念したパワフルでダイナミックな「911タルガ4 GTS」と、スポーツSUVのトップモデルである「カイエン ターボS」をワールドプレミアした。

「911タルガ4 GTS」が2015年3月中旬に、「カイエン ターボS」は2015年の第二四半期に、どちらもドイツから販売開始される予定。

ポルシェ 新型 「911 Targa 4 GTS」(911タルガ 4 GTS)/エクステリア・フロント

GTSの理念とクラシカルなタルガのコンセプトが「911タルガ4 GTS」において初めて融合され、最高出力430PS(316kW)のパワフルなエンジンと標準装備されるスポーツクロノパッケージが、さらにダイナミックな性能を発揮する。その他のGTS専用装備として、マットブラックのセンターロック式20インチホイール、スポーツデザインフロントエンド、ブラックのエアインテークグリル、そして同様にブラックに塗装されたドア、リアエンド、ロールオーバープロテクションバーの“GTS”ロゴが含まれる。インテリアでは、ステアリングホイールとシートのブラックアルカンターラとブラックのブラッシュアルミニウムによるトリムアクセントが、スポーティなスタイリングを強調している。

ポルシェ 新型「Cayenne Turbo S」(カイエンターボS)/走行イメージ

カイエンの新しいトップモデルでは、エグゾーストマニホールドに統合されたターボチャージャーによる新しいエンジンチャージングコンセプトが主な特徴となっている。これにより「カイエン ターボS」の最高出力を、先代を20PS上回る570PS(419kW)に引き上げている。最大トルクは先代より50N・m増加した800N・mとなり、同時に新しいターボチャージャーがツインターボエンジンのレスポンスを向上させている。

新型「911タルガ4 GTS」~さらにパワフル、ダイナミック、そして大胆~

ポルシェは、人気の高い「911タルガ」の50周年を記念して、さらにパワフルでダイナミックなGTSモデルを初めて追加する。「911タルガ4 GTS」のタルガコンセプトは、4WDとロールオーバープロテクションバーによって非常に安全なドライビングプレジャーをもたらすとともに、タルガの自動格納ルーフが開放感を与える。

ポルシェ 新型 「911 Targa 4 GTS」(911タルガ 4 GTS)/走行イメージ

最高出力430PS(316kW)のGTSエンジン、標準装備されるスポーツクロノパッケージ、PASMシャシー、20インチホイール、そしてスポーツエグゾーストシステムがダイナミックパフォーマンスをさらに高めた。最高出力430PSを発生するエンジンがもたらすパワーウェイトレシオは、大幅に拡張された装備にもかかわらず、Sモデルの3.9kg/PSから3.6kg/PSに改善され、これにより911タルガ4 GTSのPDK仕様車の最高速度は300km/hに達し、0–100km/h加速タイムは4.3秒をマークする。エンジンの最高出力は911タルガ4Sを30PS(22kW)上回りながら、複合燃費は同じレベルの9.2-10.0リッター/100km(トランスミッションにより異なる)となっている。

新型タルガ4 GTSは、ひと目見ただけで4WDを採用した