autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー、周囲360度の視界をドライバーに提供する研究プロジェクトを公開

自動車ニュース 2014/12/17 20:28

ジャガー・ランドローバー、周囲360度の視界をドライバーに提供する研究プロジェクトを公開

ジャガー・ランドローバーは、ドライバーに車の周囲360度の視界を提供する、トランスパレント・ピラーを用いた「360度バーチャル・アーバン・ウインドスクリーン」の研究プロジェクトを公開

混雑した市街地でのナビゲーションをサポートする「フォローミー・ゴーストカー・ナビゲーション」を開発。これは、ゴーストカーなるバーチャル映像をフロントガラスに投影し、ドライバーがその後について走る新しいコンセプトのシステム

このコンセプトにおいては、先進的なヘッドアップ・ディスプレイ技術を採用し、ドライバーの視線を逸すことなく情報を提供し、運転時の注意を妨げるものを低減

「360度バーチャル・アーバン・ウインドスクリーン」と「フォローミー・ゴーストカー・ナビゲーション」は、事故発生の可能性を減らすことを目標に、ジャガー・ランドローバーが開発している新しいコンセプトの技術

ジャガー・ランドローバーは、ルーフを支えるピラーに視界を遮られることなく、ドライバーに車の周囲360度の視界を提供する技術の開発研究プロジェクトを公開した。

車外に取り付けたカメラで撮影したライブ映像を、各ピラーの車内側の表面に埋め込んだスクリーンに映し出すことで、死角となるAピラー、Bピラー、Cピラー部分を可視化。これにより車の周囲全方向にいる歩行者、自転車、車両が見えるようなる。また、トランスパレント・ピラーと先進的な高品質ヘッドアップ・ディスプレイを組み合わせることにより、フロントガラスに道路を通過する人の動きを明るくハイライトして映し出し、ドライバーの注意を喚起する。

また、ドライバーが方向指示器を点滅させた際や、追い越し時に後方を確認するため頭を動かした際、あるいは、車が交差点に差し掛かった際、このシステムは左側もしくは右側のピラーを自動的に透明化する。

この「360度バーチャル・アーバン・ウインドスクリーン」の能力を十分に発揮させるためには、バーチャル・フロントガラスをクラウドに接続することが必要となる。車が道路インフラや都市部のビジネス街の情報と接続されることで、バーチャル・アーバン・ウインドスクリーンは、ガソリン価格から、空いている駐車スペースの数に関する情報などを提示できるようになり、ドライバーが自ら情報を探す必要がなくなる。

クラウドに接続した車は、ナビゲーション昨日も強化される。例えば、ナビゲーションが左折や右折を指示する際、道路標識や道の名前だけではなく、目印となる周辺の店などの情報も視覚的にわかりやすく表示する。

特定の場所に向かう場合、最も直感的で効率的な方法は、最適なルートを知っている人の後をついて行くこと。ジャガー・ランドローバーの研究チームは、目的地まで先導してくれるのバーチャル・イメージを、ドライバーの前方に投影する「フォローミー・ゴーストカー・ナビゲーション」を開発中としている。

「360度バーチャル・アーバン・ウインドスクリーン」と「フォローミー・ゴーストカー・ナビゲーション」に関する動画は下記から閲覧することが可能だ。

YouTube:http://youtu.be/c98h41TkREA

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー の関連記事

ジャガーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー の関連記事をもっと見る

ジャガー の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22