autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 横浜ゴム、ミニバン専用低燃費タイヤ「BluEarth RV-02」を発売

自動車ニュース 2014/12/1 11:20

横浜ゴム、ミニバン専用低燃費タイヤ「BluEarth RV-02」を発売

最高グレードのウェットグリップ性能「a」を獲得

横浜ゴム「BluEarth RV-02」

横浜ゴムは低燃費タイヤブランド「BluEarth(ブルーアース)」のミニバン専用タイヤ「BluEarth RV-02(ブルーアース・アールブイ・ゼロツー)」を2015年2月から発売開始する。

同商品は従来品「BluEarth RV-01(ブルーアース・アールブイ・ゼロワン)」の後継モデルで、国内タイヤラベリング制度において最高グレードのウェットグリップ性能「a」を獲得。ころがり抵抗性能は「A」にランクされる。発売サイズは195/65R15 91H~245/35R20 95Wの全18サイズで価格はオープンプライスとしている。

2列目、3列目シートでも快適な会話を楽しめる優れた静粛性を実現

「BluEarth RV-02」は「低燃費で雨に強い」「ミニバンに起こりがちなふらつきと偏摩耗の抑制」「優れた静粛性」の3つに主眼を置いて開発された。コンパウンドには低燃費性能とウェットグリップ性能を高い次元で両立した専用「ナノブレンドゴム」を開発。従来品「BluEarth RV-01」のころがり抵抗性能「A」はそのままに、ウェット制動距離を12%、ウェット操縦安定性を4%向上した。

また、専用プロファイルや構造に加え、数々の独自技術を搭載した非対称トレッドパターンを採用。カーブやレーンチェンジ時のふらつきや偏摩耗を抑制して安定感のある走りを発揮するとともに、運転席だけでなく、2列目、3列目シートでも快適な会話を楽しめる優れた静粛性を実現している。

BluEarthとは

「BluEarth」は「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした横浜ゴムのグローバルタイヤブランドで、優れた環境性能に加え、ドライバーや同乗者、周辺生活環境への負荷低減、“やさしさ”性能の実現を目指している。

新商品「BluEarth RV-02」のほかに、環境フラッグシップタイヤ「BluEarth-1 EF20(ブルーアース・ワン・イーエフ・ニーマル)」、ハイパフォーマンス低燃費タイヤ「BluEarth-A(ブルーアース・エース)」、スタンダード低燃費タイヤ「BluEarth AE-01F(ブルーアース・エーイーゼロワン・エフ)」をラインアップしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!