autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、2014年ロサンゼルスオートショー出展概要 ~米国FirstElement Fuel社への支援を発表~

自動車ニュース 2014/11/21 17:36

ホンダ、2014年ロサンゼルスオートショー出展概要 ~米国FirstElement Fuel社への支援を発表~

関連: ホンダ
Acura ILXAcura ILX A-SPECHonda HR-V

ホンダは、2014年ロサンゼルスオートショー(プレスデー:2014年11月18日~20日、一般公開日:11月21日~11月30日)にて、Acuraのエントリースポーツセダン「ILX」のマイナーチェンジモデルや、新型「HR-V」の量産モデルなどを出展する。また同時に、全米に水素ステーションを設置している「FirstElement Fuel社」に、1,380万USドルの支援を行うことを発表した。

これにより、カリフォルニア州において州の助成金とホンダからの支援を合わせて、12ヵ所の水素ステーションが設置可能となる。またカリフォルニア州は、水素ステーションの設置に向けて今後数年でさらに2億USドルの助成金を交付する予定としている。ホンダは燃料電池自動車(以下、FCV)の普及に向けて必要なインフラ整備への支援を行いながら、FCVの導入を進めていく。

ホンダは、多様なエネルギー源から製造可能で、輸送や貯蔵もできる水素を、次世代の有望なエネルギーキャリアととらえており、水素で走るFCVを究極の環境車と位置づけ、1980年代後半から積極的に研究開発を行ってきた。

2002年に世界で初めて米国認可を取得した「FCX」、2008年に日米でリース販売を開始した、革新的なセダンタイプのパッケージや異次元のドライブフィールを備えた「FCXクラリティ」に続き、2014年11月17日には、新型FCV「Honda FCV CONCEPT」を日本で発表。

このコンセプトカーをベースにしたFCVを、2015年度中に日本での発売を目指す。その後、米国や欧州で展開していく予定となっている。

ホンダは、2020年までに米国における四輪製品のCO2排出量を2000年比で30%削減することを目標にしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円