autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ルノー「ルーテシア」が“触れるプロジェクションマッピング”に! 【TOKYO DESIGNERS WEEK 2014】

自動車ニュース 2014/10/31 15:54

ルノー「ルーテシア」が“触れるプロジェクションマッピング”に! 【TOKYO DESIGNERS WEEK 2014】

11月3日(月・祝)まで開催

ルノー「ルーテシア」/“触れるプロジェクションマッピング”
ルノー「ルーテシア」/“触れるプロジェクションマッピング”
ルノー「ルーテシア」/“触れるプロジェクションマッピング”ルノー「ルーテシア」/“触れるプロジェクションマッピング”

ルノー・ジャポンは、今年で29年目となる日本最大級の総合クリエイティブイベント「TOKYO DESIGNERS WEEK(TDW)2014」(会期:10月25日~11月3日)に出展し、ブースではルーテシアに触れることでルノーデザインを体感することのできる、プロジェクションマッピングが実施されている。

このプロジェクションマッピングは、ルーテシアに触れると、クルマやそれを取り巻く空間が生き物や自然現象のように反応し、ルーテシアのボディラインを美しく官能的に見せる。自然界の水や気体にデザインインスパイアされた同車のボディラインに触れることができる。

人を中心にクルマをデザインするルノー、今後どのような発展を見せるのか

デュポン氏&大極社長写真
デュポン氏

「TOKYO DESIGNERS WEEK 2014」出展に伴い、ルーテシアデザインスタジオの代表を務めるクリストフ・デュポン氏が初来日し、開催初日となる10月25日に「RENAULT DESIGN PRESENTATION」を実施した。

クリストフ・デュポン氏は、ルノーのデザインフィロソフィーと、そのデザインフィロソフィーをルノー車に取り入れて行く為のデザイン戦略『サイクル・オブ・ライフ』、そしてルノーデザインが今後どのような発展を見せるのか、プレゼンテーションを行った。

ルノーのデザインフィロソフィーについて、クリストフ・デュポン氏は「ルノーは人を中心にクルマをデザインする。“シンプル”、“感応的”、“温かみ”の3つをキーワードに、人々が快適に過ごせるように居住性を重んじ、ライフをデザインの中心に据えている。それを表現する為に、自然界の曲線をモチーフにしている」と語った。

また、『サイクル・オブ・ライフ』については、「6つのライフステージをひとつのサイクルと考え、このサイクルを通じてブランドと人を繋ぐことを目的とするデザイン戦略です。人と人が出会い恋に落ち(LOVE)、二人は世界中を旅し(EXPLORE)、家族を持ち(FAMILY)、働いて充足し(WORK)、余暇を楽しみ(PLAY)、そして賢さを得る(WISDOM)という6つのライフステージがあり、各ライフステージに合ったコンセプトモデルが発表され、いくつかの市販モデルも発売されました」と説明した。

ルノー ルーテシア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー ルーテシア の関連記事

ルノー ルーテシアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー ルーテシア の関連記事をもっと見る

ルノー ルーテシア の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19