autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース MotoGP 第16戦、ロッシが波瀾のオーストラリアGPを制して今季2勝目

自動車ニュース 2014/10/20 10:01

MotoGP 第16戦、ロッシが波瀾のオーストラリアGPを制して今季2勝目

ヤマハ勢が表彰台を独占!

バレンティーノ・ロッシ/MotoGP 第16戦 オーストラリアGP

「MotoGP 第16戦 オーストラリアGP」決勝が10月19日にオーストラリア・フィリップアイランドサーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が優勝。10年ぶりにフィリップアイランドを制覇した。

ホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が2位、ブラドリー・スミス(モンスターエナジー・ヤマハ Tech3)が3位に入って、ヤマハ勢が表彰台を独占した。

ブラドリー・スミス、MotoGPクラス初の表彰台を獲得

3列目8番グリッドからのスタートとなったロッシは、序盤で一気にポジションアップし3周目には3番手につけた。ロッシはロレンソを相手に、チームメイト同士で何度も順位を入れ替える激しいバトルを展開したが、残り10周で完全に抑え込んで2番手の位置を確保した。

その後、単独で首位を走行していたM・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が18周目の10コーナーで転倒したことにより、トップに浮上。最後はロレンソに対して10秒836の差を開いて、ゴールラインを通過した。ロレンソから1.5秒差で3位のチェッカーを受けたスミスは、今回が記念すべきMotoGPクラス初表彰台となった。

バレンティーノ・ロッシ/MotoGP 第16戦 オーストラリアGP

前戦日本GPで2014年の総合優勝を達成したマルケスは、今日のレースで転倒ノーポイントとなったため、312ポイントからのさらなる加算はなかった。今回のレースで優勝したロッシは25点を加算して255ポイントとなり、単独ランキング2位に浮上。ロレンソは20点の加算で247ポイント、ランキング3位につけている。

次戦の第17戦マレーシアGPは、10月24日(金)午前にフリー走行1回目がスタートする。

【優勝】 バレンティーノ・ロッシ コメント

「今日のレースに勝つことが出来て、とてもうれしい。グリッド位置は下のほうだったけど、いいペースで走れる自信はあった。オープニングラップの2コーナーでホルヘとマルクがトップにいるのが見えて、彼らに追いつくのは難しそうだなと思った。それでも何人もの選手をオーバーテイクして、ホルヘに追いついた。ホルヘをパスするのは難しかったけれども、いいバトルをできて、僕のほうが少しだけ速かったので、最終的に彼の前に出ることができた。マルクとはだいぶ離れてしまっていたので、2位確保に集中したのだけど、マルクが転倒して結果的に僕がトップに立つことになった。ここで勝ったのは10年前だから、久しぶりに表彰台の頂点に登ることができて、本当にうれしいよ」

リザルト

順位/No./ライダー/(チーム)

(1)46 バレンティーノ・ロッシ (モビスター ヤマハ MotoGP)

(2)99 ホルヘ・ロレンソ (モビスター ヤマハ MotoGP)

(3)38 ブラドリー・スミス (モンスター・ヤマハ・テック3)

(4)4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ (ドゥカティ チーム)

(5)8 ヘクトール・バルベラ (アビンティア レーシング)

(6)19 アルバロ・バウティスタ (ゴー・ファン・ホンダ・グレシーニ)

(7) スコット・レディング (ゴー・ファン・ホンダ・グレシーニ)

(8)7 青山 博一 (ドライブ・M7・アスパー)

(9)15 アレックス・デ・アンジェリス (NGM・フォワード・レーシング)

(10)69 ニッキー・ヘイデン (ドライブ・M7・アスパー)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!