autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、WEC富士6時間耐久レースで1-2フィニッシュ

自動車ニュース 2014/10/14 14:12

トヨタ、WEC富士6時間耐久レースで1-2フィニッシュ

関連: トヨタ

トヨタレーシングがホームレース3連覇でル・マン24時間レースの雪辱を果たす

トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)
トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)

「FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース」の決勝レースが10月12日に富士スピードウェイで行われ、トヨタレーシングが見事1-2位フィニッシュを果たし、ホームレースである日本ラウンドで2012年の参戦以来、無敵の3連勝を打ち立てた。

優勝はアンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミが駆ったTS040 HYBRID #8。富士のレースで過去2連勝を挙げているTS040 HYBRID #7は、アレックス・ブルツ、ステファン・サラザン、中嶋一貴のドライブで僅差の2位に入った。

2台のTS040 HYBRIDは3位以下のライバルに1周の差を付け、マニュファクチャラーズ選手権でもアウディを逆転し8ポイント差の首位に立った。ドライバーズ選手権の順位は、勝利を得た#8のアンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミがチームメイトで今回欠場したニコラス・ラピエールに26ポイント差を付けてトップ、ラピエールの背後にはアウディ#2のドライバー達が29点差で続いている。

去年は大荒れ、今年は快晴!レース日和の中行われた決勝

トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)

2013年のレースは大雨に祟られて僅か16周で終了したが、今年は天気にも恵まれ、気温は摂氏14度と涼しい気候ではあったがコース上では熱を帯びた激しい戦いが繰り広げられた。

ポールポジションからスタートを切った#8のブエミは、1コーナーで後続から軽く追突され3位へと後退したが、1000馬力を4輪で駆動するトヨタ・ハイブリッド・システム・レーシング(THS-R)のパフォーマンスにも助けられ、1周目の間にライバルを抜き返し首位でストレートへと戻って来た。

中嶋もスタート直後の激しいバトルの中で順位を上げ3位へ躍進。ライバルのポルシェ#20が早めのピットインを行ったこともあり、レース序盤にして2台のTS040 HYBRIDが1-2体制となり後続との差を広げていった。スタートからまもなく1時間になろうかというタイミングでチームは1回目のピットストップを行い、#7はサラザン、#8はデビッドソンへとドライバーチェンジし、タイヤ交換も行い首位争いに復帰した。

トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)

他クラスの車両により混雑したコース上での首位争いを繰り広げながらも、3秒ほどの差で連なったまま周回を重ねた2台のTS040 HYBRIDは、両ドライバー共に2回のスティントを問題なくこなし、3位以下との差を約1周近くまで広げた。

レースが半分ほどを消化したところで、ブエミが#8のコクピットへと戻り、#7もブルツがステアリングを握り、後半戦も2台のTS040 HYBRIDによるレースの支配が続きライバルに1周以上の差をつけた。

その後、#8はデビッドソン、#7は中嶋が再びステアリングを引き継ぎ、さらに#7は最後の1時間をサラザンへと託し、2台のTS040 HYBRIDはこの週末、富士スピードウェイに集まった5万1千人のファンの前で、1-2フィニッシュという最高の結果でチェッカーフラッグを受けた。

WECは来月11月にシリーズ終盤の3戦をこなすクライマックスを迎える。11月2日(日)には第6戦上海6時間レース、そして第7戦はバーレーン、最終戦はブラジル・サンパウロで行われる。

トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)

コメント

【優勝:TS040 HYBRID #8】

▼アンソニー・デビッドソン選手

全てが完璧なレースであり、トヨタレーシングにとって完璧な週末だった。チームの皆の頑張りで、最強のTS040 HYBRIDと、完璧な戦略、それにピットストップもバッチリ決まった。ホームレースでの1-2フィニッシュ以上に望むものはない。チームにとって、ここ富士での3連覇は格別だ。ドライバーズ選手権でのリードを更に広げ、マニュファクチャラーズ選手権でも首位を奪還したので、チームとしてもこれ以上言うことはない。すべての人々、特にこの週末熱心に応援してくれたトヨタの人たちには特にお礼を言いたい。

▼セバスチャン・ブエミ選手

1-2フィニッシュを成し遂げ、ドライバーとマニュファクチャラーの2つの選手権をリードしながら富士を後にするというのは格別な気分だ。スタートではタイヤを温めるのが少し難しく、そのため激しい戦いにさらされた。最初の周回は大変だったが、その後はレースを制することができた。アンソニーとチームの皆は良い仕事をしてくれた。正直言って、これほどリード出来るとは思わなかったが、これはハードワークの成果だ。今はこの瞬間を味わいたいが、すぐに次のレースへと切り替えなえればならない。今日の戦績はシーズン残りへの良い兆候だ。

【2位:TS040 HYBRID #7】

▼アレックス・ブルツ選手

ホームレースで1-2フィニッシュ出来たことは本当に素晴らしいし、予想もしていなかった。非常に攻略の難しいコースだが、タイヤの選択とセットアップで課題を上手く克服出来た。これが、今日この結果を得るチャンスになった。このような1-2フィニッシュを果たせ、ファン、トヨタの仲間たち、そしてチームと喜びを分かちあえた。これで絶対の確信をもって次戦中国に臨める。

▼ステファン・サラザン選手

トヨタとチーム全体にとって輝かしい結果で、本当に素晴らしい。チームは良い仕事をこなし、1,2位独占は最高の戦績だ。2台のTS040 HYBRIDが一緒にゴールを目指し、本当に僅差でレースを終えた。再び表彰台に上れたのは本当に幸せだ。ここ富士での目標はマニュファクチャラーズ選手権でリードを奪うことだった。今、その目標を達成出来た。ル・マンとオースティンでのフラストレーション後、我々にとって偉大な結果になった。次なる勝利を目指す。

▼中嶋一貴選手

TS040 HYBRID #8のメンバーを祝福したい。彼らは本当に良い仕事をして、チームにとって最高の結果を得た。マニュファクチャラーズ選手権も素晴らしい結果だ。日本のファンとサポーターの前で勝利することが出来て嬉しい。実はWECでスタートドライバーを担当するのは初めてだった。2台の燃費戦略は異なっており、それをこなすのは若干難しかったが、スタート直後の混乱にも巻き込まれることなくペースも良かったと思う。本当に良い一日になった。

【チーム代表】

▼木下美明氏

ホームレースで1-2フィニッシュを果たしたチームとドライバーを本当に誇りに思う。ここ富士では過去2連勝を挙げているが、今年の勝利は格別だ。多くの人が、ホームレースということに特別なプレッシャーを感じるかと尋ねてきた。しかし、実際には特別なサポートを感じていただけだった。全てのファン、富士スピードウェイの方々、それから今週末にこのような勇気を与えてくれたトヨタの仲間たちに感謝したい。TS040 HYBRIDはこの週末、本当に強かった。この力を今シーズンの残り3レースでも出せるように努めたい。

トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)トヨタレーシング/FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦富士6時間耐久レース(2014)
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23