autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、ルマン24時間レースを冠した限定モデル「Audi R8 LMX」を発売

自動車ニュース 2014/10/7 14:15

アウディ、ルマン24時間レースを冠した限定モデル「Audi R8 LMX」を発売

日本では限定6台の販売

「Audi R8 LMX」

アウディジャパンは、ルマン24時間耐久レースを冠し、レーザーハイビームを搭載した世界99台限定の「Audi R8 LMX」を6台限定で日本に導入することを発表した。価格は29,050,000円(消費税込)とし、日本での納車開始は2014年10月中旬以降を予定している。

また、10月11,12日に開催される『WEC 第6戦 富士』で日本プレミア展示を行う。

ルマン24時間レース参戦のLMP1車両と同じレーザーヘッドライトを搭載

「Audi R8 LMX」

2008年、Audi R8は世界で初めてオールLEDヘッドライトを量産車に採用、2012年にはダイナミックターンシグナルも搭載された。2014年3月にデビューした新型「Audi A8」ではマトリックスLEDヘッドライトで自動車ライティング分野に新たな章を開いた。そして今回、「Audi R8 LMX」はハイビームにレーザースポット技術を採用し照射距離を大幅に広げた。

LEDとレーザーハイビームの組み合わせは、2014年6月14,15日に行われた『ルマン24時間耐久レース』で、Audi R18 e-tron quattroに初めて採用され、アウディは生産車に搭載する新技術をレースでテストしていくというこの伝統を常に実践している。ライティングで最大の照射範囲、距離を得ることはレースドライバーにとって大きなアドバンテージとなり、特に夜間の走行において通算13勝、5連勝というアウディの成功の重要な要素となったが、今回そのレーザーヘッドライトがAudi R8 LMXにも搭載される。

レースからフィードバックされた技術を搭載したモデル

アウディのトップモデルであるAudi R8は高回転のミッドシップエンジン、ダブルウィッシュボーンサスペンション、そしてASF(アウディスペースフレーム)アルミニウムボディなど、まさにレースからフィードバックされた技術を搭載したモデル。そのルマンエディションとなるAudi R8 LMXは世界99台限定生産のクーペであり、出力419kW(570hp)、トルク540Nmの5.2リッターV10エンジンは、0-100km/hをわずか3.4秒で加速し、最高速度は320km/hで、100kmあたりの平均燃費は12.9リッター(1kmあたりのCO2排出量は299g)である。コンパクトな7速Sトロニックがパワーをquattroフルタイム4WDシステムに伝達する。

インテリアにはシリアルナンバー入りのスカッフプレートも配置される

「Audi R8 LMX」

Audi R8 LMXはAudi exclusiveカラーであるマコウブルークリスタルエフェクトをボディーカラーに、リアにはリアアクスルのダウンフォースを向上させるリアスポイラーを装着、サイドのフリック、エンジンカバーやサイドミラー、サイドブレード、リアウィングとディフューザーはカーボン仕様となっている。

内装は黒にブルーのアクセントを施し、エクステリアのダイナミズムを継承。バケットシートは黒をベースにセパンブルーのダイアモンドパターンステッチを施したファインナッパレザー仕様となっている。また、バケットシートの背面はボディ色と同色に設定され、センターコンソールやパーキングレバー、ドアインレイやコクピット周りにはマットカーボンを使用している。そして、ドライバー側にはシリアルナンバー入りのスカッフプレートが配置される。

アウディ R8 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ R8 の関連記事

アウディ R8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ R8 の関連記事をもっと見る

アウディ R8 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円