autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スズキ、二輪車事業を浜松工場に集約

自動車ニュース 2014/10/6 18:06

スズキ、二輪車事業を浜松工場に集約

関連: スズキ
スズキ

スズキは、地震・津波対策と国内二輪車生産量の減少により、各所に分散している二輪車事業を浜松市都田地区に集約し、その一環として「豊川工場」の二輪車体組立を移すと発表した。

現在、スズキの二輪車事業は、設計・開発を行う「二輪技術センター(磐田市竜洋地区)」、エンジン製造を行う「高塚工場(浜松市南区)」、二輪車体組立を行う「豊川工場(愛知県豊川市)」の3か所で分散して行っている。

地震・津波対策と、海外での地産地消が進み国内での二輪車生産量が減少する中、「豊川工場」の二輪車体組立も都田地区の「浜松工場」に集約し、設計・開発・実験からエンジン、パワートレイン製造、車体組立までを一貫して行うこととなる。

これによりスズキでは、今後ますます多様化する二輪車の商品開発と生産の効率化に注力していく構え。

「豊川工場」の従業員(約470名)については、近隣工場や事業所等への異動により雇用を守る。また「豊川工場」で生産している船外機の生産については、湖西工場に移動。これら一連の集約化は5年かけて段階的に行い、「豊川工場」での生産は2018年7月に終了する予定。「豊川工場」は1971年10月に二輪車工場として生産を開始。スズキの国内二輪車生産はピーク時(1981年度)には約160万台の生産を行い、豊川工場もその一翼を担っていたが、昨年度は18万台の生産となっている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ の関連記事

スズキの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ の関連記事をもっと見る

スズキ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/17~2017/12/17