autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース BMWの新機軸、新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」を発表

自動車ニュース 2014/10/1 12:41

BMWの新機軸、新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」を発表

関連: BMW
BMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/走行イメージ
BMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/走行イメージBMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/インテリア・インパネ

BMWは、同社の全く新しいプレミアムコンパクトモデル「新型 2シリーズアクティブツアラー」を10月1日より注文の受付を開始すると発表した。納車は2014年12月からを予定している。

新型「2シリーズ アクティブツアラー」は、BMWならではのダイナミックなスタイリングとスポーティな運動性能に、MPVモデルのような広々とした室内空間と高い機能性・快適性を融合したBMW初の車両コンセプト「スポーツ・アクティビティ・ツアラー(SAT)」である。日本市場の特性を十分に考慮し、一般的な機械式駐車場にも収まる全幅1,800mm、全高1,550mmの取り回しの良いコンパクトなボディサイズとしながら、ひとクラス上の居住性を実現。広々とした室内空間と、アレンジ自在のリアシートとラゲッジルームを備え、ファミリーでのドライブや都心での日常走行など、ユーザーの多彩な用途に合わせてオールマイティに活躍するモデル。

走りの面では、新世代のモジュラーエンジン(直列3気筒および4気筒)を搭載し、卓越したパワーと優れたアクセルレスポンス、高い環境性能を実現。また、新開発のシャシーとサスペンションにより、BMWらしい最高のドライビングダイナミクスを発揮する。

装備面では、歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、人間工学に基づき最適な運転環境を実現した「iDriveナビゲーションシステム」、夜間や日中の悪天候の中でも優れた視認性を提供する「LEDヘッドライト」など、走行安全性と快適性に優れた数々の機能を標準装備している。

BMWならではのダイナミックなエクステリアデザインを実現

BMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/エクステリア

新型「2シリーズアクティブツアラー」は取り回しの良いコンパクトなサイズでありながら、ひとクラス上の居住性を提供。全幅は1,800mm、全高は1,550mmに抑えてあり一般的な機械式駐車場にも収まる。

フロントエクステリアは、BMW特有のやや前傾したキドニーグリルと特徴的な4灯式丸型のLEDヘッドライトにより、ひと目でBMWモデルであることが分かるデザインとしている。

リアデザインにおいては、LEDライトバーが配置された幅広のL字型リアコンビネーションライトと、水平方向のボディラインが、ワイドなスタンスと見た目の安定感を強調するとともに、スポーティでダイナミックなキャラクターを明確に表現した。

BMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/エクステリアBMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/タイヤ・ホイールBMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/エクステリア・フロントBMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/エクステリア・リアBMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/エクステリア・リア

ひとクラス上のプレミアムな雰囲気を強調したインテリアデザイン

BMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/インテリア・インパネ
BMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/インテリア
BMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/インテリア・フロントシートBMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/リアシート

ダッシュボードからドアパネルに至るまで、複数の水平ラインやサーフェスを重ねて空間を分割するレイヤリングという手法を採用し、空間の広がりを強調するとともに、軽快でエレガントなインテリアの雰囲気を主張。

ダッシュボードにはアクセントトリム付きの大きなインテリアトリムパネルやクロームエレメントがあしらわれ、ひとクラス上のプレミアム感を強調。

また、ドライバーに向けて僅かに角度がつけられたセンターコンソールを備え、全ての重要な操作系がドライバーの手の届く範囲に配置されたドライバーオリエンテッドなコックピットとなっている。

iDriveナビゲーションシステムを全車標準装備。視認性に優れた8.8インチの高解像度ワイドコントロールディスプレイ、指による文字入力や、地図の拡大/縮小が可能なタッチパッド付きiDriveコントローラーを採用した。

新開発のシャシーとサスペンションにより、BMWならではの最高のドライビングダイナミクスを発揮

BMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」/走行イメージ

新型「2シリーズアクティブツアラー」は、コンパクトなボディに広々とした室内空間と高い機能性を実現するため、BMW初の前輪駆動方式(FF)を採用。新開発のサスペンションシステム、インテリジェント軽量構造を採用したねじれ剛性が高いボディ、摩擦抵抗を抑えたステアリングシステムに加え、低重心化、空力特性を向上させる様々な対策により、BMWらしい俊敏なハンドリングを提供するとともに、クラスでは例を見ない高いレベルの快適性を実現した。

新開発のシングルピニオン式電動パワーステアリングの採用により、パワーユニットからのトルク反動を感じさせないステアリングフィーリングを提供し、BMW特有の俊敏なハンドリングを前輪駆動方式でも実現。さらに、優れたフロントエンドのボディ剛性も、ステアリング操作の精度向上に寄与している。

新世代モジュラーエンジンを搭載し、卓越したパワーと高い環境性能を両立

BMW 新型「2シリーズアクティブ ツアラー」/エンジン

新型「2シリーズアクティブツアラー」は新世代モジュラーエンジンを搭載している。モジュール構造を採用した新しいエンジンは、気筒あたり排気量が500ccのシリンダーを直列に配置して、総排気量に応じて幅広い出力範囲を実現。

同車には3気筒1500ccおよび4気筒2000ccの2種類のエンジンが用意され、どちらもBMWツインパワーターボテクノロジーが採用された。ターボチャージャーと高精度ダイレクトインジェクションシステム、無段階可変バルブコントロールシステムのバルブトロニック、バリアブルカムシャフトコントロールシステムのダブルVANOSといった革新的な技術の組み合わせにより、圧倒的なパワーと優れたアクセルレスポンス、高い環境性能を実現。

また、エンジンオートスタート/ストップ機能、ブレーキエネルギー回生システム、電動パワーステアリング、ECO PROモード、コースティング機能などの採用により、さらなる燃料消費量の向上に貢献している。

新開発6速および8速オートマチックトランスミッションはスポーティなシフト特性とスムーズなギヤチェンジ、優れた効率性を実現している。

デザインラインの「Luxury」と、「M Sport」をモデルラインアップに設定

BMW 新型「2シリーズ アクティブ ツアラー」(M Sport)/エクステリア・フロント

▼上質でエレガントなイメージを強調した「Luxury」

エクステリアには、クローム仕上げのキドニーグリルバーや、専用デザインのエアインテーク、エキゾーストテールパイプ、16インチのアロイホイールなどを採用し、高級感あふれるスタイリングとしている。インテリアは、パーフォレーテッドダコタレザーシートに加え、電動フロントシートなどの快適機能を装備する。

▼ダイナミックなスタイリングを強調した「M Sport」

逞しさに溢れたダイナミックなスタイリングを強調するMエアロダイナミクスパッケージなど、BMWのハイパフォーマンスモデルであるMモデルを手掛けるBMW M社が開発した専用装備を数多く採用。

また、「Luxury」と「M Sport」は、車載に通信モジュールを搭載し、乗員の安全と車両の状態を見守ることで、ドライビングに更なる安心感を与える「BMW SOSコール」および「BMWテレサービス」が標準装備している。

グレード一覧

モデル名/エンジン/トランスミッション/価格(消費税込)

218iアクティブ ツアラー/1.5リッター直列3気筒DOHC BMWツインパワーターボエンジン/6速 AT/3,320,000円

218iアクティブ ツアラー Luxury/1.5リッター直列3気筒DOHC BMWツインパワーターボエンジン/6速 AT/3,810,000円

218iアクティブ ツアラー M Sport/1.5リッター直列3気筒DOHC BMWツインパワーターボエンジン/6速 AT/3,680,000円

225i xDriveアクティブ ツアラー M Sport/2.0リッター直列4気筒DOHC BMWツインパワーターボエンジン/8速 スポーツ AT/4,940,000円

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22