autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 横浜・日産グローバル本社にて、『夕方安全創造会議2014』を開催

自動車ニュース 2014/9/11 16:53

横浜・日産グローバル本社にて、『夕方安全創造会議2014』を開催

関連: 日産

おもいやりライト運動事務局、交通安全啓発イベントを横浜で開催

20140『夕方安全創造会議2014』

おもいやりライト運動事務局は、9月19日(金)16時より、横浜・日産グローバル本社にて、『夕方安全創造会議 2014』を開催する。

2013年に引き続き開催される『夕方安全創造会議 2014』は、夕暮れ時の交通事故を減らして、もっといい街にするため、業界の垣根を超えて多く方々が一丸となり未来志向で安全を創造する会議である。

長い歴史のある『交通安全』という社会課題解決への取り組みはどこに向かうのか。おもいやりライト運動事務局は、ソーシャルデザインという視点で『交通安全』の未来を考えてみることにした。夕方安全創造会議では、過去から現在までの『交通安全』の歴史をソーシャルデザインの切り口で紹介する。また、ゲストスピーカーとしてアクセンチュア株式会社 市川博久氏、一般社団法人 Think the Earth 上田壮一氏、カーライフエッセイスト 吉田由美氏を迎え、市民が主体となって社会を良い方向に動かそうとする方法とソーシャルデザインの可能性を探るクロストークを展開する。

会議では、交通安全、夕方安全創造に関する最新データや実験の発表と展示も行う。北里大学、高視認性安全服研究所との共同で行う研究や実証実験の発表、小糸製作所、JAF、タイムズ24、Fablab 関内などによる展示を予定している。

同会議ではワークショップも開催し、ソーシャルデザインで『交通安全』を変え、横浜から始まったおもいやりライト運動を全国に広め、夕暮れ時の事故をなくすにはどうすれば良いかを話し合い、発表を行う。

おもいやりライト運動事務局ホームページ:http://www.omoiyari-light.com/

『夕方安全創造会議 2014』開催概要

日時:2014年9月19日(金)16:00~18:00 ※受付スタートは15:30/交流パーティ 18:30~20:30

会場:日産自動車株式会社 グローバル本社

受付場所:日産自動車株式会社 2階 NISSAN HALL ホワイエ

参加人数:200名程度を予定

会議への参加費:無料/交流パーティ:1000円(飲食代)

主催:おもいやりライト運動事務局

特別協力:日産自動車株式会社

協力:アクセンチュア株式会社、北里大学医療衛生学部、株式会社 小糸製作所、公益財団法人 交通事故総合分析センター 調査部 つくば交通事故調査事務所、一般社団法人 Think the Earth、タイムズ 24株式会社、一般社団法人 日本高視認性安全服研究所、一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)、Fablab 関内ほか ※50音順

参加申し込み:http://www.omoiyari-light.com/CREATIVE/

問い合わせ:おもいやりライト運動事務局

TEL:(045-228-7681)

MAIL:jimukyoku@omoiyari-light.com

プログラム

【夕方安全創造会議 2014】

■交通安全の歴史

『交通安全』への取り組みが始まったと思われる時代から現在までの変化の歴史を、おもいやりライト運動らしい独自の切り口でユニークに紹介する。

■交通安全情報

「危険な薄暮時間帯」についてのプレゼンテーション:公益財団法人 交通事故総合分析センター 調査部 つくば交通事故調査事務所 所長/沼尻到

■クロストーク「交通安全のソーシャルデザイン」

守る安全から作る安全へ変わる時代。交通安全はもっとクリエイティブになれる。ソーシャルデザインで新しい広がりを持てる。そんな可能性の未来を多様な視点で話し合う。

­ゲストスピーカー:市川博久(アクセンチュア株式会社 マネイジング・ディレクター)、上田壮一(一般社団法人 Think the Earth 理事/プロデューサー)、吉田由美(カーライフ・エッセイスト)

­モデレーター:山名清隆(おもいやりライト運動事務局 プロデューサー)

■プレゼンテーション

1.「夕方の視覚に関する研究の実証実験(仮)」

夕暮れ時に大きく低下する視覚機能について積み上げられた学術情報と検証法を用い、企業・公益法人・一般市民団体などを巻き込みながら、ソーシャル型の科学的検証デザインの可能性を探る!北里大学×おもいやりライト運動×???の実証実験計画を発表する。

◎北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学専攻講師/川守田拓志

2.「“高視認性安全服の着用”と“おもいやりライト”でシナジーを!」 

再帰性反射材と蛍光生地で構成される高視認性安全服の着用とおもいやりライトの相乗効果とは!高視認性安全服のISOを我が国に導いた日本高視認性安全服研究所の代表者が熱く語る。

◎一般社団法人 日本高視認性安全服研究所 代表理事/吉井秀雄

■ワークショップ「夕方安全創造ワークショップ」

おもいやりライト運動を全国に広め、夕暮れ時の事故をなくすにはどうすればよいか、参加者が自由にアイディアを話し合い、発表する。テーマは「11月10日“いい点灯の日”に向けて交通安全を伝えるためのアイディアは?」を予定している。

■展示(予定)「夕方安全創造に関する展示」

1. JAF…「反射材効果体験ツール(リフレク BOX)」

2. 株式会社 小糸製作所…「Future Lighting in 20XX」

3. タイムズ 24 株式会社…「タイムズレッスン 駐車練習へ取り組み」

4. Fablab 関内…「反射布を用いたアイテムの紹介」

【交流パーティー】

18時半より始まる「交流パーティ」は、業界も年齢といった垣根を超えて自由に交流することのできる懇親会。2014年から始めた「ライティングガールプロジェクト」の全国での活動を紹介するほか、「11.10(いい点灯)の日」に向けた参加者の意気込みなどを聞くプログラムを予定している。

※参加希望の方は、会議の途中からでも交流会だけでも参加が可能。

※参加者は何か黄色いもの(サムシングイエロー)を身につけてくるように、来場者に呼びかけている。  

※駐車場なし。

※交流パーティでは、食事・アルコールを提供。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23