autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【スーパーGT 第6戦 伝統の鈴鹿1000km/レクサスレポート】“RC F”を駆る中嶋一貴/ジェームス・ロシター組が完全勝利!

自動車ニュース 2014/9/1 16:40

【スーパーGT 第6戦 伝統の鈴鹿1000km/レクサスレポート】“RC F”を駆る中嶋一貴/ジェームス・ロシター組が完全勝利!

関連: レクサス
#36 PETRONAS TOM’S RC F (中嶋 一貴/ジェームス・ロシター)
#36 PETRONAS TOM’S RC F (中嶋 一貴/ジェームス・ロシター)#31 OGT Panasonic PRIUS 嵯峨宏紀・新田守男・中山雄一

「スーパーGT 第6戦 鈴鹿1000km」が8月30日(土)、31日(日)鈴鹿サーキットで開催された。長い1000kmのレースを、中嶋一貴/ジェームス・ロシター組のPETRONAS TOM’S RC F 36号車がポールトゥウィンで制し、今季初勝利を挙げた。GT300クラスでは新田守男/嵯峨宏紀/中山雄一組のOGT Panasonic PRIUS 31号車が2位表彰台を獲得した。

伝統のレース「鈴鹿1000km」は夏の一大レースとして、50年近い歴史を持っている。現在シリーズの1戦であるスーパーGTではもちろん最長、これに次ぐ長さの第2戦富士の500kmの倍、通常のレースの約3倍という長丁場で争われる。

今季は例年よりも2週間程開催が遅く、夏休みを締めくくる時期の開催。暦の上では秋に入るとは言え、まだまだ暑さの残る中で通常の倍から3倍という長さは、車両やエンジン、ブレーキ、そしてドライバーにも大きな負担を強いる。長いレースだけに、真夏ならではの天候の急変なども考えられる上に、ピット回数も多くなるため、ピット作業や戦略などチーム全体の力がいつも以上に重要なレースである。

また、シーズン全体を考えてもフルウェイトハンデでの最後の戦いとなるだけでなく、通常のポイントに加え、ボーナスポイントが加算されるため、チャンピオンシップ争いにとっても山場となる一戦となった。

予選 ~レクサス勢、Q1敗退が相次ぐ~

#36 PETRONAS TOM’S RC F (中嶋 一貴/ジェームス・ロシター)

30日(土)は好天に恵まれ、気温30度、路面温度40度というコンディションで、午後2時よりノックアウト方式で予選が実施された。

上位2台がQ2へと進出する予選Q1では、セッション後半に入ると各車アタックを開始。順位がめまぐるしく入れ替わった。LEXUS RC F勢ではジェームス・ロシターのドライブするPETRONAS TOM’S RC F 36号車が5番手。立川祐路の駆るZENT CERUMO RC F 1号車は終盤までQ2進出圏内の8番手につけていたが、最後の最後に逆転され9番手でQ2進出を逃した。

他のLEXUS RC F勢も予選でのセッティングをあわせきれず苦戦。DENSO KOBELCO SARD RC F 39号車が11番手、WedsSport ADVAN RC F 19号車が12番手、ENEOS SUSTINA RC F 6号車13番手、KeePer TOM’S RC F 37号車は14番手となり、Q2進出はならなかった。

Q2では、36号車は中嶋一貴が担当。中嶋一貴はセッション開始後、ライバルがピットで待機する中、先陣を切ってコースインし、ライバルよりも早い段階からじっくりとタイヤを温め、アタックを開始した。

6台のLEXUS RC Fのうち唯一Q2進出となった36号車の中嶋一貴は気迫の走りを見せ、トップタイムをマーク。Q1でライバルがマークした新コースレコードに1000分の4秒まで迫る速さを見せた。ライバル勢もセッション終盤にかけてタイムアップを果たしたが、36号車のタイムには及ばず、36号車は第4戦SUGOに続き、今季2度目となるポールポジションを獲得した。

決勝 ~6スティント作戦のトムスが圧勝~

スタート

31日(日)は、午前中こそやや雲があったものの、スタート直前の昼頃には雲の間から日差しが顔を出し、スーパーGT真夏の3連戦は、最後となる鈴鹿戦でようやく夏らしい気候の下でのレースが行われることとなった。

12時15分、今大会シリーズ初の試みとして、交通安全啓発のため三重県警の協力の下、白バイとパトカーがレーシングカーを先導してのパレードラップを1周行った後、通常通りのフォーメーションラップを実施。気温27度、路面温度31度というコンディションで長い1000km(173周)の決勝レースがスタートした。

今大会は燃料給油、ピットなどの戦略も重要。173周を6スティントに分け、約29周ごとでのピットインか、燃料消費を抑え約35周ずつ、5スティントで走行するという2つのピット戦略に分かれた。6スティント(5回ピットイン)作戦は、燃料消費を気にすることなく常に全開で走ることが出来るが、レーストータルでは1回ピットが多くなる分、ピットでのロスタイムが長くなる。5スティント(4回ピットイン)作戦は、1回分のピットイン時間を節約出来るが、燃費を考慮した走りを余儀なくされるため、ラップタイムは遅くなる。

ポールポジションの36号車はロシターがスタートを担当。順当に首位を守ってスタートを切ったが、周回を重ね、周回遅れが現れてくると、追い上げるKEIHIN NSX CONCEPT-GT 17号車とのバトルが激化。10周目に周回遅れのGT300車両をかわそうとした隙を突かれ、首位を奪われる。

一方で、12番手スタートの19号車は12周目にタイヤバースト、9番手スタートの1号車も21周目に周回遅れと接触し車両前部にダメージを負うなど、波乱の幕開けに。

大きく離されることなく首位を追った36号車は、29周目にピットインし、中嶋一貴へと交代。11番手スタートから序盤の25周で6位まで順位を上げた39号車もピットへ向かい、共に6スティント作戦を採った。残るLEXUS RC F勢は35周目前後までピットを引っ張り、5スティント作戦に。

36号車は、5スティント作戦の車両が全車最初のピットを終え、首位でコースに復帰した17号車をアウトラップでパス。首位を奪還すると、その後は10秒以上の大差をつけ、独走態勢に入った。

首位の36号車はピットタイミングの違いにより、2回目のピットを終えた58周目には6位まで後退するも、5スティント作戦の車両がピットに向かった70周目に首位に復帰し、2位との差は約30秒に。

グリッド#1 ZENT CERUMO RC F (立川 祐路/平手 晃平)#6 ENEOS SUSTINA RC F 国本 雄資#6 ENEOS SUSTINA RC F 大嶋 和也決勝レース

気温は30度、路面温度も40度を超える暑さとなる中、接触やコースオフ、トラブルなどで脱落する車両が続出。36号車と首位を争っていた17号車は、36号車が3回目のピットに向かった直後の88周目に高速130Rでコースオフし、クラッシュ。これで、36号車と首位を争う相手は、MOTUL AUTECH GT-R 23号車1台のみとなった。また、ライバル勢の脱落もあり、39号車は3位へと浮上した。

36号車は、ライバルよりも1回多く必要なピット作業時間を稼ぐべく、ハイペースで周回。116周目、4回目のピットインを行った36号車は、共に残りピット回数が1回ずつとなる23号車の直前でピットアウト。中嶋一貴から交代したロシターは、装着したばかりで温まっていないタイヤながら、23号車の猛追をかろうじて防ぎきり、首位をキープ。タイヤが温まってからは再びペースを上げ、2位を引き離していった。

145周を終了した時点で、36号車は最後のピットイン。中嶋一貴はドライバー交代の準備はしていたが、好調にハイペースなラップタイムを刻んでいるロシターが、交代せずそのまま最後まで走りきることに。2位の23号車に40秒差をつけ、首位のままコースに復帰した。

147周目、3位を走行していた39号車が最後のピット作業を終え、表彰台へ向け最後のスティントへ石浦宏明のドライブでコースへ復帰。しかし、デグナーカーブ通過時に、左リアタイヤがまさかの脱落。39号車はそのままコース脇に車両を止め、残り1時間での痛恨のリタイアとなってしまった。

首位を行く36号車のロシターは、暗くなっていくコースでも後続との差をキープしたまま着実に周回。スタートからフィニッシュまで手綱を緩めることなく、中嶋一貴とロシターが全開で走り続けた36号車は、2位に50秒近い大差をつけ、トップでチェッカー。今季初、2013年の第7戦以来となる勝利を飾った。

6号車が5位、37号車が7位、1号車が8位に入り、貴重なポイントを獲得した。

#39 DENSO KOBELCO SARD RC F (石浦 宏明/オリバー・ジャービス)#36 PETRONAS TOM’S RC Fグリッド#36 PETRONAS TOM’S RC F#36 PETRONAS TOM’S RC F

GT500クラス優勝 PETRONAS TOM’S RC F 36号車 ドライバーコメント

中嶋一貴: 「長いレースということもあり、昨日予選が終わった時点では、またこの会見場に戻って来られるとは思っていなかったが、結果としてこうして優勝者の記者会見に出席出来て良かった。予選でのポールポジション獲得も驚きだったが、今日の優勝も正直なところ予想以上の結果だ。ペースもとても良かったし、要所要所でジェームス(ロシター)が良い仕事をしてくれたおかげで、二人で力を合わせて優勝出来た。LEXUS RC F勢が苦戦する中でこういう結果を出すことが出来たので、これを弾みに残り2戦も頑張りたい」

ジェームス・ロシター: 「最高の気分だ。最初のスティントでは少しトラフィックに引っかかったが、首位に立ってからはずっと全開でギャップを築くことが出来た。クルマの状態は最後まで完璧だった。努力を続けてくれたチームや関係者の皆さんに感謝したい」

GT300 ~トラブルにも負けずPRIUS今季初表彰台~

#31 OGT Panasonic PRIUS
#31 OGT Panasonic PRIUS 中山雄一#31 OGT Panasonic PRIUS

◇予選

GT300クラスでは、12台がQ2へと進出する予選Q1で、嵯峨宏紀が担当したOGT Panasonic PRIUS 31号車は4番手タイムをマークしQ2に進出。 予選Q2では、新田守男が31号車をドライブ。このセッションでも終盤コースオフした車両があったため赤旗が出され、セッションは残り4分で再開されることに。多くの車両が中断前にタイムを出しており、残り4分では1発アタックしか出来ないため、ほとんどの車両が再開後のアタックを断念したが、この時点で3番手につけていた31号車の新田はコースイン。更に上位グリッドを狙ってアタックし、自己ベストタイムは更新したが、わずか100分の3秒差でポジションアップならず。プリウス31号車は、決勝レースを2列目3番手グリッドからスタートすることとなった。

◇決勝

GT300クラスでは、3番手グリッドのプリウス31号車は新田守男がスタートを担当。序盤から2位争いを繰り広げ、その後は3位のポジションをキープ。4回ピット5スティント作戦を採り、2スティント目は嵯峨宏紀、そして3スティント目には今大会第3ドライバーとしてスポット参戦した中山雄一が担当し好走を見せた。

長い、厳しい6時間の戦いを3位のポジションで走り続けた31号車だったが、終盤に来て首位を争っていた2位の車両がトラブルで脱落。これにより、31号車は2位に浮上。 終盤には、ブレーキ系やシフトのトラブルにも見舞われ、後続車両からの猛烈な追い上げを受けたが、最後のスティントを担当する嵯峨が苦しみながらも逃げ切り、2位でフィニッシュ。今季初表彰台を獲得した。

GT300クラス2位OGT Panasonic PRIUS 31号車 ドライバーコメント

新田守男: 「優勝を逃したのは悔しい。クルマのトラブルは(中山)雄一の時から出ていて、最後(嵯峨)宏紀の時にひどくなったようだが、そんな中でも常に表彰台を狙えるペースで走れたのは良い兆候だ。今回は走れなくなるような大きなトラブルはなく、ドライバーもミスせず、チームも良い仕事をした。優勝は逃したが、とても良い結果だと思う。次のタイも楽しみだ」

嵯峨宏紀: 「最後、ブレーキが利かず、シフトも上手く落ちないトラブルに見舞われ、接触の影響で左のミラーを失っていたので、GT500に抜かれる時には注意が必要だった。長いレースならではのトラブルに見舞われることとなったが、なんとか走り切った。ペース的には3位のレースだったと思うが、表彰台に乗ることが出来て良かった。前のクルマのペースには届かなかったので、そこが課題かなと思っている」

中山雄一: 「サードドライバーとしてこのチームで参戦するのは3回目となるが、1年目はリタイア、2年目は勝負権がなかったので、今回は良いレースをして2位表彰台という結果が得られて良かった。3位でバトンを受け、途中抜かれそうになったが、ポジションをキープしたまま次に渡すことが出来たので、自分に与えられた仕事はこなせたと思っている」

GT500クラス リザルト

(1)#36 PETRONAS TOM’S RC F (中嶋 一貴/ジェームス・ロシター)

(2)#23 MOTUL AUTECH GT-R (松田 次生/ロニー・クインタレッリ)

(3)#18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT (山本 尚貴/F.マコヴィッキィ/ジャン・カール・ベルネ)

(4)#8 ARTA NSX CONCEPT-GT (V.リウッツィ/松浦 孝亮)

(5)#6 ENEOS SUSTINA RC F (大嶋 和也/国本 雄資)

(6)#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT (小暮 卓史/武藤 英紀)

(7)#37 KeePer TOM’S RC F (伊藤 大輔/A.カルダレッリ)

(8)#1 ZENT CERUMO RC F (立川 祐路/平手 晃平)

(9)#24 D’station ADVAN GT-R (ミハエル・クルム/佐々木 大樹)

(10)#12 カルソニックIMPUL GT-R (安田 裕信/J.P.デ・オリベイラ)

(11)#39 DENSO KOBELCO SARD RC F (石浦 宏明/オリバー・ジャービス)

(12)#32 Epson NSX CONCEPT-GT (中嶋 大祐/ベルトラン・バゲット)

(-)#19 WedsSport ADVAN RC F (脇阪 寿一/関口 雄飛)

(-)#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT (塚越 広大/金石 年弘)

(-)#46 S Road MOLA GT-R (本山 哲/柳田 真孝)

GT300クラス リザルト

(1)#60 TWS LM corsa BMW Z4 (飯田 章/吉本 大樹/佐藤 晋也)

(2)#31 OGT Panasonic PRIUS (新田 守男/嵯峨 宏紀/中山 雄一)

(3)#7 Studie BMW Z4 (ヨルグ・ミューラー/荒 聖治/アウグスト・ファルフス)

(4)#10 GAINER Rn-SPORTS SLS (植田 正幸/山内 英輝)

(5)#4 グッドスマイル 初音ミク Z4 (谷口 信輝/片岡 龍也)

(6)#33 PUMA KRH PORSCHE (都筑 晶裕/ティム・ベルグマイスター/ヨルグ・ベルグマイスター)

(7)#9 国立音ノ木坂学院NACポルシェwith DR (白坂 卓也/アンドレ・クート/飯田 太陽)

(8)#0 MUGEN CR-Z GT (中山 友貴/野尻 智紀/道上 龍)

(9)#61 SUBARU BRZ R&D SPORT (佐々木 孝太/井口 卓人)

(10)#11 GAINER DIXCEL SLS (平中 克幸/ビヨン・ビルドハイム)

(11)#30 IWASAKI apr GT-R (岩崎 祐貴/影山 正美/東 徹次郎)

(12)#2 シンティアム・アップル・MP4-12C (高橋 一穂/加藤 寛規/濱口 弘)

(13)#88 マネパ ランボルギーニ GT3 (織戸 学/青木 孝行/平峰 一貴)

(14)#48 Snap-on DIJON Racing GT-R (高森 博士/田中 勝輝/富田 竜一郎)

(15)#22 グリーンテック SLS AMG GT3 (和田 久/城内 政樹)

(16)#55 ARTA CR-Z GT (高木 真一/小林 崇志)

(17)#86 クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3 (細川 慎弥/山西 康司)

(18)#5 マッハ車検 with トランスフォーマー30th (玉中 哲二/山野 直也/鶴田 和弥)

(19)#3 B-MAX NDDP GT-R (星野 一樹/ルーカス・オルドネス/ウォルフガング・ライプ)

(20)#360 OKINAWA IMP・RUN UP GT-R (田中 篤/吉田 広樹/藤田 竜樹)

(-)#65 LEON SLS (黒澤 治樹/黒澤 翼)

(-)#67 STP タイサン GAIA POWER GT-R (横溝 直輝/密山 祥吾/峰尾 恭輔)

(-)#50 WAKO’S Exe Aston Martin (加納 政樹/安岡 秀徒/N.インドラ・パユーング)

(-)#21 Audi R8 LMS ultra (リチャード・ライアン/藤井 誠暢/クリストファー・ハーゼ)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス の関連記事

レクサスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス の関連記事をもっと見る

レクサス の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円