autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、「2014年モスクワ国際モーターショー」に9月からロシアで販売予定の『アウトランダーPHEV』を出展

自動車ニュース 2014/8/28 11:49

三菱、「2014年モスクワ国際モーターショー」に9月からロシアで販売予定の『アウトランダーPHEV』を出展

三菱『アウトランダーPHEV』(ロシア仕様車) /2014 年モスクワ国際モーターショー

三菱自動車は、8月27日(水)から(一般公開:8月29日(金)~)9月7日(日)まで、ロシア・モスクワのクロッカスエキスポ(Crocus Expo)で開催される「Moscow International Auto Salon 2014(通称:モスクワ国際モーターショー)」に、2014年9月から同国で販売を開始する世界初の4WD・SUVプラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』を出品するとともに、『MITSUBISHI Concept GC-PHEV』と『MITSUBISHI Concept XR-PHEV』のコンセプトカー2台を含む、計12台を出品した。

『アウトランダーPHEV』は、電気自動車『i-MiEV』のEV技術をベースに開発した、先進の「プラグインハイブリッドEVシステム」(以下 PHEVシステム)を搭載し、日常は環境に優しいEV走行、遠出はモーター主体のハイブリッド走行により、高い環境性能と優れた経済性を実現している。また、前後にそれぞれ独立したモーターを搭載したツインモーター4WDにより、滑らかな加速感、高級車並みの静粛性を両立している。

『MITSUBISHI Concept GC-PHEV』は、3.0L V6 スーパーチャージド MIVECエンジン、8速オートマチックトランスミッション、高出力モーター、大容量バッテリーなどで構成するFRタイプのPHEVシステムを搭載し、オールラウンドSUVに相応しい走りを実現するフルタイム4WDの次世代ラージSUVである。

『アウトランダーPHEV』で実現したPHEVシステムに加え、この2台のPHEVコンセプトカーにより、マーケットやセグメントに応じた最適なPHEVシステムを提案する。

同日行われたプレスブリーフィングにおいて同社の相川社長は、「当社は、2014~2016年度までの中期経営計画『New Stage 2016』を発表し、新たな成長ステージに向けて取り組んでおります。この計画達成のためにロシアを最重要市場の一つと位置づけております」と述べたうえで、「『アウトランダーPHEV』は、電気自動車技術、SUVのノウハウ、そして四輪駆動・四輪制御技術、これら全ての集大成であり、ツインモーター4WDのプラグイン・ハイブリッド車としては世界唯一のクルマです」と語った。

出品車リスト

・MITSUBISHI Concept GC-PHEV:1台

・MITSUBISHI Concept XR-PHEV:1台

・ASX(日本名 RVR):1台日本名:RVR

・アウトランダー:1台

・パジェロ:2台(2014年9月ロシア発売モデル)

・パジェロスポーツ:1台

・L200(日本名 トライトン):1台(タイ生産車)

・ランサー(日本名 ギャランフォルティス):1台

・アウトランダーPHEV:2台(2014年9月ロシア発売モデル)

・i-MiEV:1台

三菱 アウトランダーPHEV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事

三菱 アウトランダーPHEVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダーPHEV の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20