autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー、3つのハイパフォーマンスモデルを初公開

自動車ニュース 2014/8/14 15:00

ジャガー・ランドローバー、3つのハイパフォーマンスモデルを初公開

E-TYPE lightweight

ジャガー・ランドローバーは、世界有数の自動車愛好家やコレクターが集結し、ラグジュアリーなビンテージレーシングカーが一堂に会する車の祭典「ペブルビーチオートモーティブウィークエンド 2014」において、3つのハイパフォーマンスモデルを初公開する。

この3つのモデルとは、最高出力550HPを誇る新型「レンジローバー・スポーツ SVR」、「ジャガー Fタイプ・プロジェクト7」米国市場向け生産車、今後6台のみが生産される「ジャガー Eタイプライトウェイト」のプロトタイプ第1号車である。

今回、「ペブルビーチオートモーティブウィークエンド 2014」に出展する3つのモデルは、ジャガー・ランドローバーが8月14日(木)の夜にペブルビーチテニスクラブで開催する「ペブルビーチコンクールデレガンスキックオフパーティー」での初公開を皮切りに、その後週末を通して行われる様々なイベントで展示される。

なお、これらのモデルは、ジャガー・ランドローバーに新設されたスペシャルオペレーションズ部門が手掛けている。スペシャルオペレーションズ部門は、高性能な特別仕様車、オーダーメイドモデル、ヘリテージ製品、ブランドグッズのデザインと製造を担い、マネージングディレクターのジョン・エドワーズ氏が統括している。

そして、スペシャルオペレーションズ部門の中でも、「Fタイププロジェクト7」と「レンジローバースポーツ SVR」の両モデルは、エンジニアリングおよびビークル製造を担当するスペシャルビークルオペレーションズチームが手掛けており、「Eタイプ ライトウェイト」はジャガーヘリテージチームによる初めての再生モデルとなる。

「ペブルビーチオートモーティブウィークエンド 2014」では、ジャガーおよびランドローバーのフルラインアップモデルを展示する。

ジャガーの注目モデルとしては、初公開となる「Fタイプ プロジェクト7」の米国市場向け生産車がある。「Fタイプ」2014年モデルをベースに、オールアルミニウム製ボディに特注カーボンファイバー製エアロパーツを纏った2シーターロードスターで、今年誕生60周年を迎えたジャガーのアイコンともいえる「Dタイプ」からインスピレーションを得たフェアリング(流線形のライン)を採用。また、「Fタイプ クーペ」は、ピーターセン自動車博物館(ロサンゼルス)の特別展「World’s Greatest Sports Coupes Exhibit(世界最高のスポーツクーペ展)」の一環として、モントレージェットセンターでも展示される。

ランドローバーの注目モデルは、世界初公開となる「レンジローバー スポーツ SVR」で、今後ランドローバーとジャガーのハイパフォーマンスモデルにのみに使用される「SVR」の称号を冠した最初のモデルである。さらに、イベント期間中「レンジローバー ロングホイールベース」、「レンジローバーイヴォーク Autobiography」、そして「レンジローバーグレートディバイドエディション」を代表する1990年モデルと2014年モデルも展示する。

ジャガー Fタイプ 関連ページ

ランドローバー レンジローバースポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー Fタイプ の関連記事

ジャガー Fタイプの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー Fタイプ の関連記事をもっと見る

ジャガー Fタイプ の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • ジャガー
    XJ

    新車価格

    997万円2,052.6万円

  • ジャガー

    新車価格

    896万円1,815万円

  • ジャガー
    XF

    新車価格

    598万円1,105万円