autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、モトクロス専用車「CRF250R」「CRF450R」の2015年型モデルを発売

自動車ニュース 2014/8/12 10:47

ホンダ、モトクロス専用車「CRF250R」「CRF450R」の2015年型モデルを発売

関連: ホンダ
モトクロス競技専用車「CRF250R」(2015年モデル)モトクロス競技専用車「CRF250R」(2015年モデル)モトクロス競技専用車「CRF250R」(2015年モデル)

ホンダは、世界各地のモトクロスレース活動で培った先進技術を投入した、水冷・4ストロークエンジン搭載のモトクロス競技専用車「CRF250R」と「CRF450R」の仕様を一部変更し、2015年型モデルとしてそれぞれ9月19日(金)に受注期間限定で発売する。なお、受注期間は2014年8月7日(木)から12月10日(水)までとなる。

「CRF250R」は、フロントフォークにエアサスペンションを新たに採用。左側のフォークには圧縮空気によるスプリング機構を、右側のフォークにはダンパー機構を備え、左右で機能を独立させたセパレート・ファンクション・フロントフォークとしており、これにより、走破性の向上とセッティングの容易化に寄与している。

エンジンは、排気系とPGM-FIのセッティングを見直すことなどにより、全回転域で優れたスロットルレスポンスを追求。また、路面状況に応じて、3種類のエンジン特性モードを手元で切り替えられるエンジンモードセレクトスイッチとインジケータを新たに採用し、さまざまな路面状況での扱いやすさに配慮している。

モトクロス競技専用車「CRF450R」(2015年モデル)モトクロス競技専用車「CRF450R」(2015年モデル)

「CRF450R」は、低速域での扱いやすさと高速域のパワー感向上を目指し、排気系のレイアウトとPGM-FIのセッティングを変更している。また、「CRF250R」同様に、エンジンモードセレクトスイッチとインジケータを新たに採用し、高いポテンシャルを引き出しやすい仕様となった。フロントフォークは、さらなる軽量化とフリクションの低減を図ることで、作動性の向上を実現した。

スタイリングは、「CRF250R」、「CRF450R」ともに、シュラウドには、(株)ホンダ・レーシング(HRC)のワークスマシンイメージのストライプを施している。車体色にはホンダのモトクロスマシン伝統のエクストリームレッドを採用し、躍動感あふれるスタイリングとした。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円