autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース パナソニックとテスラが大規模電池工場での協力に合意

自動車ニュース 2014/8/1 14:37

パナソニックとテスラが大規模電池工場での協力に合意

関連: テスラ

テスラモーターズとパナソニックは、米国においてギガファクトリーと呼ばれる大規模な電池工場の建設に関して、両社が協力することに合意した。

この合意により、テスラは土地、建物、そして工場設備を準備し、提供・管理する。パナソニックは、双方同意のもと、円筒形リチウムイオン電池セルを生産・供給し、リチウムイオン電池セルの生産に必要な設備、機械、およびその他の治工具などに投資する。ギガファクトリーで必要な材料の前駆体は、パートナーサプライヤーで構成されるネットワーク内での生産を計画している。テスラは、セルや他の部品を用いて電池モジュールおよびパックの製造を行う。

テスラは、セルの需要拡大に対応するため、日本国内のパナソニックの工場で製造されるセルを引き続き購入する。今後両社は、販売、運営、そして投資などの詳細に関して、引き続き協議を続けていくとしている。

ギガファクトリーができれば、長い航続距離を実現するリチウムイオン電池パックの製造コストを削減し続けるとともに、テスラの目的である電気自動車を広く普及させる大衆向け電気自動車用に必要となる生産量を確保することができる。ギガファクトリーはテスラが管理し、パナソニックはリチウムイオン電池セルを生産する主要パートナーとして参画し、この電池製造の複合産業施設の生産スペースのおよそ半分を占め、あとの半分で、他の主要サプライヤーがテスラのモジュールやパックに必要なパーツを生産する予定。

テスラの最高技術責任者・共同創業者であるジェービー・ストローベル氏は、「ギガファクトリーは今までの電池の量産方法を根本から変えます。ギガファクトリーはモデル3の市場投入を可能にするだけでなく、幅広く様々な蓄エネルギーに掛かるコストの大幅な削減を実現します。」と述べた。

パナソニックの山田喜彦代表取締役副社長は、「テスラとは、いままで電気自動車の普及に向けた様々な協業を行ってきました。パナソニックのリチウムイオン電池セルは、電気自動車に必要とされる高容量、耐久性、そしてコストパフォーマンスを併せ持ちます。ギガファクトリーにおいてリチウムイオン電池セルを生産することになれば、電気自動車市場の拡大を加速させることが出来るものと確信しています。」とコメントした。

コストの削減は、今まで得られなかったスケールメリットを活かし、セルおよびパックの製造工程を最適化することで実現する。さらなる低価格化は、サイズと機能の面で電気自動車に最適なセルを製造し、またギガファクトリー内のサプライヤーが供給することにより、梱包・輸送・関税・在庫管理に掛かるコストを削減できること、および安価な公共料金や運営費用で実現する。

ギガファクトリーはテスラの電気自動車と蓄電システム向けのセル、モジュール、およびパックを製造する。ギガファクトリーでは2020年までに年間 35GWh相当のセルと50GWh相当のパックを製造することを計画。ギガファクトリーにおける雇用者数は2020年までに約6,500人になるとテスラは予測している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

テスラ の関連記事

テスラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

テスラ の関連記事をもっと見る

テスラ の関連ニュース