autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ヤマハ、大型二輪モデル「MT-07」「MT-07A」を発売

自動車ニュース 2014/7/11 16:00

ヤマハ、大型二輪モデル「MT-07」「MT-07A」を発売

ヤマハ 「MT-07A」ヤマハ 「MT-07A」

ヤマハは、水冷4ストローク直列2気筒・689ccエンジンを搭載したスポーツモデルの新製品「MT-07」および、ABS標準装備の「MT-07A」を8月20日より発売開始する。

価格は「MT-07」が699,840円(消費税込)、「MT-07A(ABS搭載モデル)」が749,520円(消費税込)。国内の年間販売計画は2,500台としている。

「MT-07」/「MT-07A」は“スポーツパッション&スマート”をコンセプトに、走りの楽しさと街中で映えるファッショナブルなスタイル、コストパフォーマンスを調和させたモデル。「普段着感覚で楽しめる運転の楽しさ」や「バイクのある豊かな生活」を提唱する。

主な特徴は、またがってわかるボディの軽さとコンパクト、走り出した瞬間に伝わる扱いやすくパワフルなエンジン、俊敏性を備えながらもビッグバイクとしての風格を備えた新デザインなどがあげられる。

ボディカラーにはマットグレーメタリック3(マットグレー) 、ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト) 、ビビッドレッドカクテル1(レッド)を設定した。

企画の狙い

国内二輪市場は近年、スピード性能や馬力などの「数値」ではなく、日常走行や市街地での扱いやすさやデザイン性を求めるトレンドへと変化している。今回の「MT-07」「MT-07A」は、市場ニーズに呼応し、日常域でパワフルながら扱いやすいエンジンを搭載、“軽量・スリム・コンパクト”でスタイリッシュな車体による優れた操作性・所有感などが特徴の新世代モーターサイクルである。

先の「MT-09」に続く『MT-World』を担うモデルとして、モーターサイクルの楽しさが味わえ、自分だけの乗りものを所有する喜びが得られるモデルとして開発された。

主な特徴

ヤマハ 「MT-07A」

▽ライディングを存分に楽しめる軽量&コンパクトエンジン

クロスプレーン・コンセプトの設計思想に基づき開発した水冷4ストローク・直列2気筒DOHC・4バルブ、689ccの新開発エンジン。ライダーが“自分のペース”で走りを楽しめることを基準に、実用域で使用頻度の多い中低速域での粘り強いトルク、リニアなレスポンス、扱いやすいパワーのバランスを図った。“270度位相クランク”を採用しており、心地よい加速フィーリング、駆動感が特徴だ。

また放熱性に優れるダイレクトメッキシリンダー、軽量化と低振動化に貢献する1軸バランサー、ロス馬力を低減するオフセットシリンダー二輪、小型設計クラッチなどを採用している。排気系にはチャンバータイプの2into1のダウンマフラーを配し、優れた性能を引き出しながら、軽量・コンパクト化を図った。専用のミッションレシオとの相乗効果でシフトレンジが広く、良好な扱いやすさをもたらす。

▽軽快で素直なハンドリングを支える新設計フレーム

“軽量・スリム・コンパクト”なボディを支える新フレームを採用。しなやかな乗り味とコントロール性に貢献する。重心位置や軸間距離・リアアーム位置などのディメンションは、エンジン特性に合わせ最適化。ライダー操作とマシンの動きが連動し心地よい走行フィーリングを楽しめる。

またリアのリンク式モノクロスサスペンションは、ショックユニットをクランクケースに締結、ショック荷重を受け止める構造物がフレーム側に不要で、良好なフレームバランスを支え軽量化にも貢献している。

ヤマハ 「MT-07A」

▽ビジュアル表示のマルチファンクションメーター

ビジュアルに情報を得やすい小型フル液晶型マルチファンクションメーターを採用。エンジン回転数のバー表示は、4,000~8,000r/minのトルクバンド表示面を幅広くとり、発生トルクのボリューム感を強調している。ギアポジション表示や、ECOインジケーターも装備した。

▽“ダブルデッキ・ストラクチャー”の新スタイル

“クールアーバンスポーツ”をデザインコンセプトとした。車体上部は”人とマシンの融合美“を、車体下部は“走り”の機能美としてパワーユニットの粘り強いトルク感を表現する“ダブルデッキ・ストラクチャー”を採用した。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!