autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ヤマハ、三輪バイク「TRICITY MW125」日本仕様を新発売

自動車ニュース 2014/7/1 11:12

ヤマハ、三輪バイク「TRICITY MW125」日本仕様を新発売

広がるモビリティの世界 LMW(リーニング・マルチ・ホイール)の第1弾が登場

ヤマハ「TRICITY MW125」

ヤマハは、同社初の市販マルチホイールモデル、125cc オートマチック(AT)コミューター「TRICITY (トリシティ)MW125」を9月10日より発売開始する。価格は356,400円(消費税込)としている。

「TRICITY MW125(TRICITY 125)」は、“ニュースタンダード シティコミューター”のコンセプトのもとLMW※1 製品の第1弾として開発、AT 二輪車と同様の扱い易い運転操作性を備えた新しいモビリティである。

同車は、軽快でスポーティなハンドリングと安定感の両立による新しい楽しさ、さまざまな路面状況で快適な乗り心地、シティコミューターとしての高い利便性、パワフルで経済的な水冷 125ccYMJET-FI エンジン、フロント二輪※2 の特徴を活かした先進的かつ親しみやすい個性的デザインなどが特長だ。生産は、同社のグループ会社のTYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)が行う。

※1 LMW=Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。

※2 車両区分は『第二種原動機付自転車(原付二種)』、運転には『小型限定普通二輪車(AT含む)免許』以上が必要。

ヤマハ「TRICITY MW125」ヤマハ「TRICITY MW125」ヤマハ「TRICITY MW125」ヤマハ「TRICITY MW125」ヤマハ「TRICITY MW125」

名称

カラーリング

価格

TRICITY MW125

・ブラックメタリックX (ブラック)

356,400 円

(消費税8%を含む)

・ブルーイッシュホワイトカクテル1 (ホワイト)

・マットディープレッドメタリック3 (マットレッド)

主な特徴

◇ヤマハ独自のLMW 機構

「TRICITY MW125」には、旋回時にフロント二輪が車体と同調してリーン(傾斜)するヤマハ独自のLMW 機構を採用し、軽快でスポーティなハンドリングと安定感を備える“新しい楽しさ”を実現。

このLMW 機構は「パラレログラムリンク」と「片持ちテレスコピックサスペンション」から成り、リーンさせる機能と、左右サスペンション機能を独立させ、余裕のバンク角とハンドルきれ角をもたらしている。フロントの左右独立のサスペンションは、荒れた路面などでの高いギャップ吸収性があり優れた乗り心地に貢献。車体の前後重量配分はMotoGPで培った技術を反映した50:50とした他、燃料タンクは車両重心近くに配して自然なハンドリングに貢献させた。

◇シティコミューターとしての高い利便性

市街地での軽快で心地よい乗り心地、快適で乗り降りしやすいステップスルーのフラットフットボード、フルフェイスヘルメットも収納可能な大容量のシート下スペースなど、シティコミューターとしての高い利便性を備えている。

◇パワフルで経済的な水冷125ccYMJET-FI エンジン

発進~低速でのスムーズな走り、中~高速度域での伸びのある滑らかな走行性をもたらすCVT エンジンを搭載した。燃料供給には燃費性に優れるヤマハ独自のFI システム「YMJET-FI」を、シリンダーには冷却性に優れるオールアルミ製「DiASil(ダイアジル)シリンダー」を採用。

◇フロント二輪の特徴を活かした先進的かつ親しみやすい個性的デザイン

“SMART FOR ALL”をデザインコンセプトに“エレガント”で“モダン”なスタイルとした。流麗なボディライン、フロントニ輪を強調したフェンダーまわり、ライダーを包み込むようなインナーパネルなどが特徴。

◇その他の特徴

・収納スペース確保や広いフットボードに貢献するアンダーボーン型フレームを採用。

・ユニファイドブレーキを採用。左ブレーキレバーを操作(入力)すると、リアブレーキ効力を発生させ、あわせてフロントにもバランス良く制動効力を発生させる。

・見やすい液晶デジタルメーター、個性を演出するエレガントなLED ポジションランプ、LED テール&ストップランプなどを採用。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!