autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、カザフスタンで「フォーチュナー」のラインオフ式を実施

自動車ニュース 2014/6/12 10:32

トヨタ、カザフスタンで「フォーチュナー」のラインオフ式を実施

関連: トヨタ

中央アジアで初めて生産開始

トヨタ フォーチュナーのラインオフ式(カザフスタン)

トヨタは、カザフスタン共和国コスタナイ市にあるサリアルカ・アフトプロム社(以下、SAP)において、フォーチュナーの生産を開始したことを発表した。フォーチュナーはカザフスタンの特有の気候・多様な地形に最適なフレーム構造のSUVであるとともに、街乗りにも適した真のオフロード車である。生産台数は年間約3千台、SAPはフォーチュナー生産に伴い、約100名の新規雇用を行った。

SAP工場内で行われたラインオフ式典には、カザフスタン共和国のアルベルト・ラウ産業新技術省第一副大臣、在カザフスタン日本国大使館の蒲原正義特命全権大使、SAPの株主であるAllur Auto社のアンドレイ・ラブレンツェフ社長、豊田通商の清水順三会長、トヨタの内山田竹志会長、ディディエ・ルロワ専務役員(兼 トヨタの欧州統括会社 Toyota Motor Europe NV/SA社長)らが出席した。

式典で、内山田会長は、「この日を迎えることができたのは、政府の方々をはじめとする関係者の皆様のおかげであり、心より感謝申し上げる。カザフスタンの皆様と手を取りながら、カザフスタンの自動車産業の発展に貢献していきたい」と述べた。

フォーチュナーの生産は、溶接・塗装・組立工程を現地化するCKD生産の形式で行われ、ラインオフに向けては、約20名のトヨタの技術者が長期間SAP工場に赴き、トヨタの生産基準を満たすことを確認しながら、生産がスムーズに立ち上がるよう技術指導を行った。

トヨタは2011年に発表した「グローバルビジョン」において、新興国ビジネスを強化していくことを掲げており、今回のカザフスタンへの取り組みもその一環で、トヨタにとって中央アジアでの現地生産は初めてとなる。これまでトヨタが現地生産を行って来なかった国・地域においても、CKD/SKD生産を中心として迅速に進出してきており、2012年にはエジプトでフォーチュナー、2013年にはロシア極東でランドクルーザー プラドの組立を開始している。トヨタは今後も各地域で、「お客様の期待を超えるクルマづくり」を行っていくとともに、いい町・いい社会づくりへ貢献していく。

トヨタ フォーチュナーのラインオフ式(カザフスタン)トヨタ フォーチュナーのラインオフ式(カザフスタン)トヨタ フォーチュナーのラインオフ式(カザフスタン)トヨタ フォーチュナーのラインオフ式(カザフスタン)トヨタ フォーチュナー
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24