autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 時速300km超の高速バトル、「スーパーフォーミュラ」が7月富士に再び

自動車ニュース 2014/5/22 16:47

時速300km超の高速バトル、「スーパーフォーミュラ」が7月富士に再び

2か月連続開催の高速バトル、富士

2014スーパーフォーミュラ

国内最速のフォーミュラカーレースである「2014 全日本選手権スーパーフォーミュラ第3戦」が、7月12日(土)~13日(日)に、富士スピードウェイで開催される。富士での開催は第2戦に続き、2ヵ月連続となる。短距離の2レース制で開催された第2戦とは異なり、250kmの決勝1レースで争われる今大会は、燃料補給やタイヤ交換などのピット戦略が重要となってくる。

現在ランキングトップのロイック・デュバルや第2戦のレース1を制したジョアオ・パオロ・オリベイラ、レース2を制したアンドレ・ロッテラー、2013年チャンピオンの山本尚貴など国内外のトップドライバーによる、時速300km超の高速バトルに注目が集まる。

◎関連記事

■【スーパーフォーミュラ第2戦 レース1】オリベイラが約2年ぶりの勝利!

■【スーパーフォーミュラ第2戦 レース2】予選でコースレコードを更新したロッテラ―がポール・トゥ・ウィン

2014スーパーフォーミュラ2014スーパーフォーミュラ2014スーパーフォーミュラ2014スーパーフォーミュラ2014スーパーフォーミュラ

スーパーフォーミュラだけじゃない!併催レースも見ごたえたっぷり!

GT アジアシリーズ
N----ONE OWNER'S CUP OWNER'S CUP OWNER'S CUP 第1戦

併催レースとして、トップフォーミュラへの登竜門とも言われる「全日本フォーミュラ3選手権 第8戦/9戦」、今大会が開幕戦となるホンダ「N-ONE」を使ったナンバー付車両によるワンメイクレース「N-ONE OWNER’S CUP 第1戦」、フェラーリやランボルギーニ、ポルシェなどのスーパーカーによって争われる「GTアジアシリーズ 第5戦/第6戦」、「WAKO’S スーパーカートグランドサマーフェスティバル」を開催する。

さらに場内では、最新の二輪・四輪・汎用のホンダ製品を体感したり、プロライダーによるアクロバットさながらのトライアルバイクショーなど、多彩なプログラムを開催する『Enjoy Honda 富士 2014』が今回初開催されるほか、ピットウォークやドライバートークショーなど、大会期間中はファミリーからレースファンまで幅広く楽しめるイベントを場内各所で行う。

チケット情報

前売り観戦券は、5月22日より全国の各コンビニエンスストア、プレイガイド、富士スピードウェイ公式サイトにて一斉に販売を開始し、前売大人5,700円(税込)、大人ペア券10,300円(税込)で、保護者同伴に限り中学生以下の入場者は無料となる。

富士スピードウェイ公式サイト:http://www.fsw.tv/freepage/933

■同日開催

・全日本フォーミュラ3選手権 第8戦/第9戦

・N-ONE OWNER’S CUP 第1戦

・GTアジアシリーズ 第5戦/第6戦

・WAKO'Sスーパーカート グランドサマーフェスティバル

■大会概要

(1)大会名称: 2014 全日本選手権スーパーフォーミュラ シリーズ 第3 戦

(2)開催場所: 富士スピードウェイ レーシングコース(4,563m)

(3)主 催: 富士スピードウェイ株式会社/富士モータースポーツクラブ(FMC)

(4)公 認: 国際自動車連盟(FIA)/一般社団法人日本自動車連盟(JAF)/

(5)認 定: 株式会社日本レースプロモーション(JRP) /日本フォーミュラスリー協会(JF3A)モータースポーツアジア(MA)/Honda ワンメイクレース事務局(HORS)

(6)後 援: 静岡県小山町/御殿場市/裾野市/公益社団法人静岡県観光協会/ 小山町観光協会/御殿場市観光協会/裾野市観光協会/K-mix/ 東京中日スポーツ/中日スポーツ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!