autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 東洋ゴム、米国子会社のNITTOが「エンジン始動音」を厳選収録したショートムービーを制作

自動車ニュース 2014/5/20 17:54

東洋ゴム、米国子会社のNITTOが「エンジン始動音」を厳選収録したショートムービーを制作

クルマ好きにとって、時にデザインや本来の走り以上にハマるものがある。その代表格は「エキゾーストノート」、エンジン音ではないだろうか。

東洋ゴム工業(株)の米国タイヤ販売子会社である「Nitto Tire U.S.A. Inc.」(以下、NITTO)では、そんなこだわり派のココロをくすぐる、往年の名車や歴代のスーパーカーなどのエンジン始動音を収録したショートムービー“Getting Started”を制作した。

“Getting Started”の視聴はこちら

同ムービーの構成はいたってシンプル。厳選した33台のエンジン始動音をBGMに、さまざまな角度からマシンのクローズアップのみを収録している。ナレーションは無く、タイヤのクローズアップも無い。純粋に個々のマシンが発する独特&個性的なサウンドだけを聴かせてくれる。

登場する33台はクラシックから最新のスーパーカー、もちろんヴィンテージまで幅広いバリエーションを用意。

69年式ジャガー「Eタイプ」の落ち着きのある静かなサウンドから、68年式シボレー「カマロ」の重厚感あふれる排気音、そして最新のランボルギーニ「アヴェンタドール」の快音など、今も昔も関係なくあらゆるクルマ好きを魅了する。

同じ“クルマ”でも年代・マシンが違うとここまで違う。コトバでは伝わらない、各マシンの官能的なサウンドをまずは聴いてみて欲しい。

“Getting Started”の視聴はこちら

ニットージャパン

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!